RC トリップメイトM24

2013年3月26日 (火)

A442Bボディ作成

トリップメイト用のボディにすることにしたA442B。

ライトが当時風のメッキ一体パーツです。探せば換装できるパーツがありそうなのですが、ラジコン用だしこのままいくことにします。
ちょっと手を加えて、1/10のボディA110用のライト用ステッカーを切り抜いて貼り着けてみました。
445
左が貼り着け後。
ライト周りをフラットブラックにして取り付けてみました。
446
微妙ですがラジコンっぽくってイイか…
で、手持ちのデカールをペタペタと貼ってみました。
447
オリジナルのデカールは予備で取っておきます。
ボディを付けたり外したりするので、デカールの上から透明テープを貼って保護しておきます。コレがとっても面倒で素直にクリアを吹けばよかった…
ウィングはブラックにして、1/10のA110のステッカーから「ALPINE RENAULT」をデカデカと貼る予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

バイオレットターボやり直し経過

ちまちまとバイオレットターボを続けています。

クリアを吹いたらスジ彫りが埋まってしまって墨入れ失敗。
仕方ないで、0.4ミリのマスキングテープを油性マジックで黒に塗って貼り付けるという荒技で乗り切りました。
窓枠の周りにも貼ってみました。
端から剥がれてきそうなので、要所に押さえとしてクリアを少し落としてみました。(気休めかな)
388
ウィンドウは前後を切り離して何とか合わせることができました。
ウィンカーはシルバーの上にクリアオレンジをペタッとのせてそれっぽく。

リヤも同じです。
389

サイドウィンドがオミットされているのでアクリル板で作成。
ピラーはプラ棒で適当です。
390

シャーシはトリップメイトの新品を組みました。
バンパーはオリジナルだと大きすぎるので、プラ版で作成。
メカは探し中です。

ワイパーとミラーとかの小物とデカールをジャンクから見繕います。

391
なかなかどうしてカッコよくなってきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

バイオレットターボやり直し

バイオレットターボをやり直すことにしました。

それはそれは酷い状態になっていたのですが、貴重なキットだし出来ることはしておこうと思います。

で、塗装を剥がしてサフ→ピュアホワイト。
382
カウンタック用に調整したトリップメイトのシャーシにあてがってみます。
ライトをジャンクから見繕って(多分ストラトスのモノ)換装しました。ちょっと小さいのですがまあ良しと。
窓枠がやたらと太いので少し削ってしまいました。
ウインドウパーツが使えるか不安です。

真っ白では寂しいのでマスキングしてイタリアンレッド
383
イロイロ悩んだ結果、こんな風になりました。
あのカッコいい箱絵の再現なんて当然無理です。

サイドが寂しい気がしたのでもう一度マスキングしてイタリアンレッド。
384
細いラインが太すぎ…

385
リヤパンパーもレッドにしました。
トランクのラインとスポイラーのレッドが不自然な気も。繋げた方が良かった。。。

386
異形の顔つきがなんとも言えませんね~

トリップメイトのシャーシキットがもう一台あったはずなので、それを組んで載せてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

カプリターボGR5

大変久し振りの更新です。

全く何もかも中途半端な状態です…

ここにきてまた別の事を始めました。336_2

タミヤのカプリターボグループ5ですが、子供の頃に作ったものとは違うカラーリングのものです。大分前に買ってありました。

元キットはモーターライズ版でしね。これをトリップメイトに載せてみようと。

例によってラジコンのボディだし、なんとか完成させたいので超手抜きでスピード優先でいきたいと思います。

まずは塗装無しで整形色のままで、ペーパーを当ててからコンパウンドで磨きました。

フロントスカートのリベットモールドはデカールの邪魔になりそうなので削り飛ばしました。再現する気も無し。気にしません。

今回は好みでウィングレスにします。ウィングレスの方がカプリの低いスタイリングが良く判るので。

ウィング取り付け用の溝をプラ棒を加工して埋めました。本当はスポイラーをもう少し大きくして隙間もパテ埋めすれば良いんだけど。

とするとサフ吹いて黒も吹いて、、となるので見送ります。

ボディ整形を1時間ほどで終わらせて、いきなりデカールを貼り付けます。

付属のデカールはカルトグラフ製です。

ニスは無いし(切り取り不要!)、曲面にも良くなじみます。黒の上に貼っても発色がとてもきれいでさすがです。

思わずデカール貼りの腕が上がったかと錯覚してしまいそうです。

シャーシのホイルベースを調整して、リヤタイヤをスポンジタイヤにして径を大きくしました。パンパーをプラ版で適当に作りました。

なんとか一日でここまで、出来上がりました。

335

あと少し細かいデカールを貼ってからクリアコートしてみます。

リヤタイヤがまだ小さい感じですね、フロントは大きすぎだし。ただこれ以上やろうとすると車高調整が必要なのでやりません。

本当はキットのタイヤとホイルに換装できれば一番良いんですが。(フロントは2ミリ径なので簡単に出来そうです)

この手のスタイリングのクルマはベータモンテカルロとかもそうですが、カッコ良いですね。

やっぱり、リヤスポイラーが小さいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

フォード・カプリ

気がつけばもう梅雨の季節です。

こちら京都はムシムシでしばらくは塗装作業が出来ないです。

先日、ボークスさんに行きました。大分前にオープンしていたのですが機会がなくってずっと行けずでした。

土曜の午後でしたが、お客さんも少なく(イイのか!?)ゆっくりと見れました。

一階は鉄道模型が一杯でしたが、全く門外漢なのでスルー。

二階にフィギア、飛行機、戦車、船、そしてクルマとバイク。それにマテリアル関係。

階段を上がってすぐに大きな画面に78年のF1シリーズドキュメントが流れていました。

ロータス79のプロモーション用のようです。

ロータス79って長谷川からも出たんですね。。。発売日競争があったとか。

このドキュメントが良かった。感情のこもっていないシンプルなナレーションもいい感じでした。やっぱりこの頃のF1がカッコいいなあ。

で、ロータスは買わずにタミヤの911/88とフジミの432Zを買いました。

フジミの432Zは、詳しくないのですがラリー用のパーツなのかでホイルも3種類入ってるしフォグレンズもタップリとあったのでパーツ取りにも良さそうと思いゲットです。

レジでスタッフの方と少しお話して、アオシマから新金型でカウンタックLP400が出る、とか聞きました。

スーパーカー世代!のスタッフさん曰く、結構良いらしいです。

でも、今さら売れるんでしょうか?!

ポイント会員にもなったし、ときどき覗いてみたいと思います。

さて、デイトナを載せたトリップメイトですが、タイヤのせいかまともに走らないのでボディを替える事にしまして、童遊舎のフォードカプリを載せます。

ノスタルジックシリーズとかのヤツです。かなり緩いキットなのですがフォルムはまずまずではないかと思います。

ウィンドウが濃いスモークになっている、ライト一体化のギラギラメッキのフロントマスク、モーターライズで上げ底キャビン、テールライト、バンパー、ホイルも全てギラギラメッキ…

ディスプレイだとかなり頑張らないと厳しいキットですがラジコンのボディにするには持ってこいです。

で、こんな風になりました。

296

フロントマスクはメッキを剥がしてフラットブラックに。ボンネットはセミグロスブラック。

ライトはどうしようも無かったのでクリヤーイエローとテープ張りで誤魔化しました。

バンパーもブラックにしてみたのですがスポーティさをだしたくってバンパーレスにしました。大きな穴が開いているのでイモネジを入れて誤魔化します。

ささっと完成です。

297

ホイルベース、トレッドは何の問題も無く調整できました。トリップメイト偉い。

実走行を考えてすこし腰高。

298

バッテリーも充電して準備万端だったのですがあいにくの雨。

室内でグルグルと動かして終了~。

カプリって何故か好きで、オータキのカプリレーシングが懐かしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

デイトナ完成

随分、更新が出来ませんでした…

バタバタと気が付くと二ヶ月振りです。一度離れるとなかなか書けませんね~。

日記も続かない性分だしなあ。プラモも完成しないし。

さて、デイトナです。

一応こんな感じになりまして、走行できました。274

クリアを吹いて軽く研ぎ出し。ゼッケンはタミヤイエガーBMW320iの物です。さすがカルトグラフ、下地透け無しで発色も美しいです。

問題のライト周りは適当にゴマカシです。

キットのクリアパーツを切り出して使用しましたが、合わせるのに苦労しました…

バンパーレスにしたかったのですが、バンパーが無いとライトがスカスカなんですよね。

透明のプラ版でライト下部のカバーを作ろうと試みましたが、当然断念(^^;

この辺りの構造がイマイチ良く判りません。

275_2

でも、面構えはそれなりにいい感じだと思ってます。

276_2

ロングノーズ・ファストバックのスタイルがカッコいいですね。ある意味、スポーツカーデザインの頂点ではないかと。

277_2

で、走らせたらいきなり転倒!?エーッ、めちゃくちゃ遅いのに…

タイヤの問題でしょうね。見映え優先にするとこんな結果になる訳です。

しっかり傷だらけになりました(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ボディ塗装中です

デイトナの塗装ですが、天気が悪かったり、スプレーが無くなったりでなかなか進みません。

ラインを塗装してエンブレムのデカールを貼り、クリアを吹いたのですが途中で無くなりました。

もう一本あるはずと思っていたのですが、在庫に無し。買いに行く暇もないしなあ。また一週間延びるな…

とりあえずこんな感じになりました。

270 ライトのところは良く考えずに切ってしまいました。何とかなるかなあ、と。

隣はタミヤのLP400です。ブリリアントブルーにした作り掛けです。最近のキットなので残念ながらモーターライズではありません。

当時のこのキットのモーターライズは傑作ですね。

直進専用のフロントユニットが後から交換できるし、ミニ四駆ばりのコースガイドも付くし。

おまけに、そのコースガイドの両端にはご丁寧にランボルギーニのエンブレムが彫ってあったりします。

このコースガイド、カッコ良いんですよ。RC化したら是非装着したいと思います。

電池交換もボディを外さずに出来るようになってます。

カウンタックと言えばマルイがベストかと思いますが、タミヤのキットも好きですね~

なんと言うか見ていて楽しくなります。設計に遊び心があるようで。

当時はそんなこと考えもしませんでしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

シャーシ完了、ボディ塗装開始

さて、デイトナの続きです。

まずシャーシ組みですが、ホイルベース、トレッドともに細かく調整できるので合わせるのは問題ありません。

ひとつ大きな問題が、タイヤサイズ。トリップメイトのサイズだと小さすぎて見映えがかなり変。

で、ホイルはそのまま使ってプラモ用のタイヤを入れてみましたがユルユル状態なので、グラステープをホイルに巻いてサイズを調整しました。

ところがココでまた問題が発生。リヤタイヤがシャーシの電池ボックス部と干渉してしまいました。

ちょっと考えましたが、結局シャーシをガリガリ削って対応しました。

265 タイヤを被せるとこんな感じになりました。

266 ボディを被せると…

267_2 まずまずです。

向こうのはバイオレットターボですが、なんと言うか良くわかんないクルマになってます…

さて、このタイヤサイズを見てふとこんなのを載せてみました。

268 1/20のアルピーヌA110です。

いけます。

思わずこっちにしようかと悩んでしまいました。

これは是非作りたいです。M24もう一台探そうかなあ…

気を取り直してデイトナにレッドを吹いてマスキングしました。レッドは好みでブライトレッドにしました。後はホワイト+ブルーのライン入れです。

269 うまくいくかなあ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

トリップメイト、やっぱり変更

バイオレットターボのボディで作ってみたトリップメイトですが、どうもスッキリしないのでやっぱり別のボディにすることにします。

一応バイオレットはジタンのステッカーとか貼り付けて完了させたのですが、なんかイマイチなんですね…

やはりヤッツケ仕事ではダメですね~時間があったら塗装しなおそう…

そんな訳で次なる選択は、フジミの365GTB/4です。

随分前に模型屋さんの棚がフジミのフェラーリシリーズで真っ赤になっていた中から選んだヤツです。

エンスーモデルでエンジンとかギッシリなので勿体無い気もしますが、まぁシャーシもそのうち作ればイイや、と気持ちを切り替えていきます。

お手本はこんな感じです。

Rl082 '72年のルマンですがカッコいいです。

ピニンファリーナの流麗なボディとマッスルな足回りの違和感が絶妙です。マフラー、サイド出しもイイですね~

キットは素組みだと後期タイプなのでライト周りを前期タイプにするのが難しそうです…

デイトナはレースでも活躍しているので色んなカラーリングがあります。どれもカッコいいです。これなんかも比較的簡単そうです。600x4502008011800001_2

ちなみにノーマルは…365gtb4_1

いやはや、なんて美しいんでしょう。イエローもいいなあ。

その昔のスーパーカー時代に、512BBよりディノよりもデイトナに惹かれました。今でもこの姿を見ると思い出しますね…

トリップメイトのシャーシを合わせるのも色々ありそうですが、フェラーリで一番好きなデイトナ、何とか形にしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

KAWADAトリップメイトM24

三連休の中日、11日に丸太町通りを西向きに走っていたらヤヤヤッ、対向車線に白のA110が走ってくるではありませんか。

続いて、フレンチブルーのR8ゴルディーニもゴゴゴォッと普通じゃない音を出してやって来ました。

その後も110、R8、310と、ルノー軍団でした。どこかで走行会があったんでしょうね。

いやあ、少しの時間でしたが愉しませていただきました。

R8、カッコいいです!RCのボディで出てないのかなあ…

さて話は変わりまして、何故か小さいサイズのRCって好きなんですね。

子供の頃、ワーオフのシャーシをぶった切って無理やりホイルベース短縮したクルマを作ったり…

ミニッツが出てからミニマムサイズのRCも凄いですね。934も出たもんなあ。

でもミニッツ系って良く判らないんですよね…時代に付いていけてません、ハイ。

で、随分前にオクで入手(2000円でした)したカワダのトリップメイトです。

メカもタムテック用だし、これなら大丈夫です。バッテリーもヤフオクで探したら500円程で発見!

早速組み立ててみました。

260

基本構造は簡単ですが、小さいだけに組むのが厄介です。デフなんてフーッと吹けば飛んでいきますよ。

でもホイルベースもトレッドも可変で、1/24のプラモが搭載できるのが嬉しいです。

ボディの取り付け方も良く出来ていると思います。

スープラのボディが付属しているのですがコレは無視して、在庫から見繕います。

1/24のR8は無理でした。残念。A110も無理。まあ今のクルマサイズから言うと軽のディメンションだしなあ。A110は、1/20ならいけそうでした。

936とかA442Bとかのグループ6カーも苦しいです。高さがキツイ。

それ以外は大体いけそうでした。

で、コチラに決定。

261 ニチモのバイオレットターボです。随分前に入手たものですが、ヤフオクで見てみると結構人気のあるキットみたいですね。

コイツ、何故か記憶に残っておりまして、模型屋の棚で発見したときに思わず買ってしまいました。

作っては壊した数多いプラモの中で、他にも何故か記憶に残っているキットってあるんですよね…

オータキ「フォードカプリ」、バンダイ「X1/9」「BMW2002」、グンゼ「ムスタングIIコブラ」、マルイ「スターレット」、ニチモ「パンテーラ」。

タミヤでは何故か「ストラトスターボ」と「ホンダN360」、BMW2002はアリイのも凄かったなあ。

LSの「ポルシェ904」(コレってリモコンだった記憶が)、日東の「マーチ74S」とかも…

ちょっと外れた位置のキットの方が印象に残っているのかもしれませんが、結構この手のキットって実は人気だったりして…

とりあえず今回はバイレットターボを載せてみます。

箱絵の塗装は即却下。根性ありません、ステッカーも付属してないし。

ブリリアントオレンジのつもりでしたがスプレーが無い。買いに行く時間も無い。

そう言えばR8のフレンチブルーがカッコ良かった。フレンチブルーならチャンプで使った残りがある。

と言うわけで、こんな風になりました。

262 微妙です…

でも、なんと言うか可愛らしいフォルムで、走ったら楽しそうです。

こうなったらジタンのスポンサーデカールでも貼ってやろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)