音楽

2016年1月14日 (木)

遅ればせながら合掌…

ビックリしました。

日曜夜のテレビのニュースで知りました。

癌で闘病中だったことも初めて知る始末です…

プログレ少年だったので、デビット・ボウイは熱心なリスナーではなかったのですが、それでも一通りは聴いたと思います。

デビット・ボウイやルー・リードの音楽を聴いて、ロックって音の量とかリズムの複雑さとか音圧とか関係ないんだ、と改めて思い知りました。

お二人とも亡くなったんですねぇ。


風呂場で、ふと、ヒーローズとかトゥナイトを口ずさんでしまうしなぁ。

ウチにあったレコードからです。
058

珍しく日本盤でした。再発盤のようで、1982年で1800円と書いてあります。帯は捨ててしまったようです。

1982年。

高校生だった頃かぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

スピーカーのこと

暑いです。

日本一過ごし辛い京都の夏がやってまいりました…(-_-;)

連休ですが、細かいコトをする気が起らないのでスピーカーの修理でもしてみようかと。

011

オンキョーのD1-Rというヤツです(ウーハーのプラスチックパネルを外した状態)。嫁さんが若かりし頃買ったオンキョーのシスコンのスピーカーだった物。かれこれ30年は経過していると思われますが、いまだにリビングで現役なのですが…

012

おそらくウレタンのエッジだったと思いますが、ウーハーのエッジが完全に無くなっています。小音量でしか使わないのであまり気にならないのですが、時々ビリビリと振動音が入ります。コーンの材質は紙ではないようでシッカリしているので、何とかならないかなぁ、とネットで検索すると、エッジ張り替えとか自作エッジとか、皆さん色々と工夫されています。まぁ、もう音質も見映えも気にもしないので、もう少しお手軽にできないかな~という訳で、ホームセンターで1ミリのゴムシートを買ってきました。(2枚で900円ほど)

013

で、ゴムシートをこんな風にサークルカッターで、21㎝・14㎝のドーナツ型に切り取ります。

014

ユニットを付けたまま、ドーナツ型ゴムシートの内径部をコーンの裏側にすべり込ませて、外径部はフレームの外側に出しておきます。ゴムが伸びるので簡単です。この状態でプラスチックパネルを取り付けます。

015

016

出来上がり。超簡単~(^o^)

ボンドで接着しようかと思いましたが、パネルで押さえつけるので大丈夫だろう、と。

鳴らしてみたところバッチリです。ボリューム上げてもビリビリならないし、いい感じです。まだしばらくは活躍してくれそうです。

ちなみにコレは二本目の作業です。一本目はユニットを完全に外して試行錯誤、大汗かきながらでした…

スピーカーでもうひとつ。

知り合いからポーズの301MM-2のホワイトモデルを譲り受けました。お店でしばらく使った後、ずっと仕舞い込んであった物です。ホコリまみれを掃除して鳴らしてみると、ツイーターもちゃんと鳴りました。

018

ユニットは左のツイーターだけエッジに補修跡がありましたが、他はキレイな状態です。ウーハーのブルーコーンがちょっとイイですね。ウーハーとツイーターの間のプラスチックパネルの取り付け足は左右とも経年劣化で折れていたので、とりあえず両面テープで接着。

我が家のリスニングルーム兼息子部屋兼模型製作部屋に、元々使っていたJBLのコントロール5PLUS(これまた古い…)と入れ替えて設置。ちなみにアンプは往年の名機…

019

ヤマハA7。-a無しの初代です。

とりあえず、クリムゾンの宮殿(^^;を聴いてみた。コントロール5PLUSと比べて、面で鳴るという感じがします。設置場所の都合で高い位置に置いてあるのですが、301MMの方が上下が広くって聴く場所を選ばないようです。メリハリはJBLの方があるかなぁ。
調べてみると、301って2ウェイというより、20センチフルレンジ+ツイーターっていう構成のようです。フルレンジスピーカーの上にスーパーツイーターを置いた、みたいな感覚なのかもしれません。

でも、スピーカーが変わると新鮮な気持ちで聴けますね。

020

今度、外枠とパネルを塗装し直してみようと思います。真っ白よりもタミヤのレーシングホワイトあたりが良さそう。ポップな色目なのでステッカーとか貼っても楽しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)