« カングー100000kmとか。。。 | トップページ | カングー帰ってきました »

2016年12月15日 (木)

カングー点検と映画みました

先週日曜に、カングーをクラフトハウスさんの工場へ持って行きました。

工場は初めてでしたが、ガレージには新旧ミニ&新旧カングーが整備待ちの中、ピットの右端にオーラを放つ一台が。

真っ赤のランチアデルタ。

メカニックさんにお話を聞くと、以前は五台ほどあったのですが今はこの一台だけになったそうです。オーナーさんが現地に赴いてパーツを入手されているらしく、古いアルファなんかのパーツも探してもらえますよ(笑)、と。

デルタって、5ナンバーなんですね。エボのバージョンとかで違うのかもしれないなぁ。近くでマシマジと見ると小さいイメージです。でも攻撃的なオーラが凄い。スポーツカーではなくレーシングカーのそれですねぇ。もう単純にカッコいい…

振り返って見たウチのカングー君のノンビリとしたこと。もうフワフワ感満載です。いやでもねぇこのナリでも、3速でバンと踏んだらドンっと加速するんですから。一瞬だけど楽しいですよ。

帰りは軽の代車を借りました。ほぼ一年ぶりのオートマ車です。バンドンっは無いけどラクチンですね、やっぱり。



さて、その前の日曜に子供と一緒に映画を観ました。今年初めての映画館です…

「この世界の片隅に」というアニメ映画です。

子供が小さな頃に購読していた子供向け雑誌に、原作者のこうの史代さんが連載されていた「カッパのねね子」という漫画が好きで、それから単行本を読んだりしておりました。「ねね子」の単行本出して欲しい…

そんなこんなで子供らと、ヒッチコックじゃないけど「カッパのねねちゃん」と「ドジョウの永井君」をスクリーンに探せ?!とばかりに勇んで見に行った訳です。

世界を救うことも、何かと何かが入れ替わることも、別の時空や次元に行くこともありませんが、ひとりの女性が、抗うことのできない時代の流れに翻弄されながらも、生き続ける姿を描ききったとても良い映画でした。ひとりの女性というより二つの家族かな。

残念ながらねねちゃんと永井君は見つからなかったけど、子供と相談した結果、ねねちゃんは座敷童に変身して登場、また永井君は、5匹のメザシになって食されたことにしておきました。

いろんなコトを考えさせられました。周作さんのような行動が取れるだろうか。すずさんは祖母と同世代だろうか。もう二人とも亡くなっているけど同じような時代を経験したんだろうか。父方の祖父は戦死してるし、母方の祖父も怪我をして帰還してからずっと入院して結局亡くなった。赤十字病院に見舞いに行ったときのリノリウムの廊下が暗かったなぁ。

父方の祖父の家には、市電の二番に乗って行き、母方へは八番に乗って行きました。二番のおばぁちゃんちと八番のおばぁちゃんちと呼んでいたのを思い出す。二番のおばあちゃんちは古い町屋で、泊まると屋根が真っ黒で怖かったなぁ。初めて家風呂に入ったのは、八番のおばぁちゃんちだった。

映画の舞台である広島に、数年前に仕事で何度か通ったことがあります。広電という路面電車で移動するのですが、広電には昔の京都市電の車両を始め、廃線になった路線の車両が走っているのです。最新車両と大昔の車両が同居しており、ちょっと不思議な光景が見れます。

京都市電の車両(嵐山とかのネームプレートがちょっと笑う)にも乗りました。昔ながらの片手ハンドルみたいな操作を見て、感激した記憶があります。

広島駅から原爆ドーム前を経由して仕事先へ通っていたのですが、結局原爆ドームは車窓から眺めるだけで見学しなかった。また来れると思うとダメですねぇ。

とりとめのない文章になっております。映画に戻します。

戦争を正義とも悪とも判断せず、ただひとつの抗うことの出来ない出来事として描かれており、玉音放送を聞き終わった後のすずさんの行動にちょっとビックリしつつも、考えさせられました。

エンドロールで少し嬉しい雰囲気を感じますが、決してヤッタぜ!という気持ち良さやカタルシスを感じることはありません。でも観終わったとき、自分もやっぱり、すずさんや周作さんや他の登場人物のように行動するだろうな、と感じるのではないかと思います。それが結局のところ、この世界に居場所を見つける、ということなんでしょうね、きっと。

|

« カングー100000kmとか。。。 | トップページ | カングー帰ってきました »

諸々雑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526484/64626573

この記事へのトラックバック一覧です: カングー点検と映画みました:

« カングー100000kmとか。。。 | トップページ | カングー帰ってきました »