« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

カングーがやって来ました

先週の日曜にカングーを引き取ってきました。

午前中の早めに行くつもりが、グダグダとして結局クラフトハウスさんに着いたのが11時ごろ。先客がお二人いらっしゃって、暫し待つことに。

お一方は、黄色のカングーMTの購入を決められたようで、事務手続きをされており、もう一方は、紺色のキャトルを熱心にご覧になっていました。(漢っ!)

欧州車系の雑誌類があるので退屈せずに済みました。

私の番になり、またまたイケメン店長さんと趣味関係のお話を暫ししてから、書類関係と整備内容の説明を聞いて、いよいよ納車です。

内外装ともにピカピカ、エンジンルームもとてもキレイです。

一通り説明を聞いて、欧州車らしくリヤフォグがあったり、ライトの角度が4段階に調整できたり(積載量によって変えるらしいです)します。

シートに座ってエンジンを掛けてみます。

おぉ、クラッチが重い!
これってレーシングポルシェ並みじゃない?!(いえ、乗ったこと無いですけど)

オマケに踏み込み量が多い感じ。

とりあえずミート位置を把握して、笑顔で発進、クラフトハウスさんを後にしました。

自宅まで大体30分程度ですが、やはりクラッチの合わせが難しくって、エンストはなんとかしなかったものの、急発進が何度かありました。

久し振りのマニュアルなので、慣れるしかないかなぁ、と感じつつ、無事自宅に着いてから嫁さんを乗せて買い物に行ってみました。(嫁さんの一言目は、エンジン音が昔の車みたい)
スーパーの駐車場で、しっかり一回エンスト(汗) うーん、難しい…

重いのもさることながら、繋がるタイミングがかなり前の方なんですよね。グッと踏み込んで、かなり緩めると繋がる感じ。

なんていうか、繋がるまでのアソビがかなりある。で、重いのでかかとを床に付けての操作は出来ません。繋がるまでアクセルが待ちきれずに吹かしてしまったりするようです。

自宅の駐車場に戻って、覗いてペダル周りを見てみると、クラッチペダルの踏み込んだ箇所に、丸いゴムみたいなパーツで留め具が付いていました。

単純に、この留め具を延長してやればいいんじゃない?
と思って、試しに30ミリ程度の角材みたいなのを両面テープで貼り付けてみました。

おぉ、めっちゃスムーズ。踏み込み量が減って、半クラッチも随分やり易い。これはイケます。30ミリだとギリギリみたいで、すこしギアが引っかかる感じです。
週末にもう少し考えてみよう。

後でネットで検索すると、やはり同じようなことを感じて、改修されている方がいらっしゃいました。いやぁ、楽しいヤツです。

とりあえず、ココの手直しと、ナビの取り付けを進めたいと思います。

059

駐車場に収まったカングー君。隣のヴッツと比べると背の高さが良く判ります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

1/1のクルマ

諸事情でクルマを手放しまして、免許を取って二十ウン年間で初めてクルマ無しの生活を数か月過ごしましたが、やはり無いとイロイロ不便…。今年に入って探していました。

最後に乗っていたのが、マツダのアテンザ(前の型です、もちろん)でしたが、コレがイマイチ家族に不評。良いクルマだと思いますが、その前のがプレマシーで後席がスライドドアだったので、普通?のドアは使いにくいらしい。

とするとミニバンの中古かなぁ、と選ぶ楽しさも感じることなくボンヤリと考えていたのですが…

うん?

あるじゃないすか!?

538

そうです。カングー君です。

今なら予算的にもイケるかも。

という訳で2月に入ってから、中古車サイトをボンヤリ眺める日々を過ごしておりました。

選り好みしなければ予算的にも射程距離内で見つけられそうな感触。

そんなある日。

み、見つけちゃいました。

539

マリンブル~っ!!

2004年モデル 5MTで、車検も来年12月までありで何とか予算に収まりそう。

お店はコチラ

http://www.crafthouse-kyoto.co.jp/index.html

クラフトハウスさんです。

こちらのショップさん、地元京都で、予算的にもイケる黄色の在庫があったので、見張っていたのですが、突然何の予告も無く(当たり前か)マリンプルーが登場しました。

一週間ほど様子を見つつ、お店に「検討してます」メールをしてみると、大変丁重な文章で、一度ご覧ください、との返信が届きました。

それからまた一週間ほど経った、3月5日土曜の夕方にお店に伺いました。

出迎えて頂いたのは、店長の古川さんです。

予想外(失礼)の超爽やかなイケメン!

古川さん曰く、マリンブルーのカングーに反応するのは、ちょっと変なクルマ好きの部類に入る人、とのこと。

私、クルマは好きだけど、免許取って初めて買ったワーゲンのTYPE 1 で苦労してから、ずっと国産のAT車乗り継いでる根性無しです。

対して古川さん、爽やかな見かけによらず、初めてのクルマは丸目のゴルフⅡで、その後も癖のある欧州車を乗り継がれて、今は仕事柄からカングーの飼い主でいらっしゃいます。

ひとしきりお話しした後、実車を見せて頂きました。

何故かたまたま居た男性の方(通りすがりの人かしら)と、一緒見ることに。

2004年モデルなのでいわゆる前期型になります。マリンブルーは思っていたより濃い目の色でしたが、カングーに似合ってる色目です。さすがに10年以上経過のボディなので、ボンネットに少しヤレ感があり、その辺りもキッチリ説明してくださり逆に安心。走行距離が9万2千と多いのでどうかなぁ、と思っていましたが、大丈夫ですよ、とのこと。ネットで探していた際も思ったのですが、カングーって結構走ってる個体が多いですね。そういう使い方をされているんでしょうねぇ。

前席に座って、エンジンを掛けさせて貰いました。マニュアル操作は慣れるしか無いのですが、バックがいわゆるプルバックみたいなヤツで、大昔のワーゲンを思い出しました。私はポジションとかは拘らないし、数分座っただけですが、これまた大昔に座ったことがあるミニを全体的に大きくしたような感じがしました。

後席は私(身長180cmあり)が座っても大丈夫だし、天井が高く開放感は抜群。パノラミックルーフだったら楽しいでしょうねぇ。(昔フェスティバのキャンパストップに乗ってたのを思い出した)。ラゲッジルームは当然ながら広々で高さもあるので、何でも詰め込めそう。

何か注意することってありますか、に対して古川店長、「全然普通ですよ」、と。

いやいや、ゴルフⅡのヒトに「普通」と言われましても…

隣に黄色のがあって、これも気になったり。カングーは黄色が似合いますね。パネルラインのメリハリがくっきりと見えて、スッキリした感じがします。往年のルノーワークスカラーでもあるし。

どうしようかと悩みつつ、ココで見送って "SOLD OUT" とかになってたら、それこそ絶対大後悔しそう。

こういう時は即決。

「こっちにします」。

マリンブルー君にすることにしました。

事務所に戻って手続きします。

ちょっと心配だった支払も、ローン手続きも上手くいって月額の支払額も希望通りに調整してもらえて一安心。

審査の待ち時間にもクルマ談義。カングーは、1.4がルノー顔で、1.6が日産顔なんだそうです。やっぱり1.4でないとという方も多いようです。私は1.6の顔が好きですね。
で、その後の3ナンバーモデルの顔は許せるけど、現行モデルの顔つきはルーテシアには良いけどカングーには不釣り合い、という点で大きく同意したり。
古川店長さん、お話しを聞くと模型少年でもあったらしく、まさにクルマ好きが高じて今の仕事に就かれた訳です。それに比べて今の若い奴らはどうだ?我々の頃は何をおいてもクルマが欲しかったものだ、云々…(店長は私より一回りお若いのですが)
いやぁ、大変楽しく過ごさせて頂きました。

2時間程お邪魔しまして、諸手続きと整備で月末辺りの納車予定です。

540

スマホで撮影したのですが、やっぱり色が出てないなぁ。ソリッドの綺麗な青で、とてもいい色です。

帰宅して家族に報告するも、イマイチ反応が薄く…f(^_^)

嫁さんは、外車=壊れやすい、のイメージがあって不安のよう。(実はその昔のワーゲンでちょっと嫌な思いをさせたことがある)
子供らはご多分に漏れず、興味無し…

後日、嫁さんの親父さんに話した時の、フランス車?ルノーか? が唯一の反応でした。おっと正解やん。クルマにはそんなに詳しくないので、フランス車=ルノーの世代なんだなぁ。

ふふふ、今に見ていなさい。実車が来たらそのカワイサに驚くなよぉ。

二十数年ぶりのマニュアル車でもあり、楽しみが出来ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

ポルシェ934 完成

934が出来上がりました。

530_2

531

ヒューエルキャップ?はステッカー表現ですが、ブラパーツがあったので穴を開けて取り付け。他の二か所の丸い部分も薄いブラバンを貼り付けてやれば立体感が出たなぁ、と後の祭りです…。ワイパーもブラパーツを取り付けました。キルスイッチは適当。

532

この頃のポルシェは、やっぱり後ろからがカッコいいです。

テールランプもステッカーは却下。クリアオレンジとレッドで塗ってからメッキパーツを付けただけですが、ステッカーよりイイと本人は満足。ミラー面はアルミテープを貼りました。コレが一番効果大だと感じてます。ドアノブはブラパーツが無かったので、0.5㎜のブラバンにステッカーを貼って切り出したモノを付けました。少しでも立体感が出れば、と。

533

ホイルベースが微妙に合ってませんなぁ。反対側はもう少しマシ。(って、なぜ左右で違う?)

シャーシはこんな感じです。

534

バンパーはボディに合わせてブラバンで作成。ボディの取り付けは、前がマグネットで、後ろは、ボディサイドに、2㎜のボルトを差し込んで固定。
ちなみにギア比はカウンターギアを組み込んで低速仕様にしています。

535

フォグランプは、アルピーヌA110用のモノです。これもマグネットで固定しています。

536

外すと穴が開きます。

すっかり出来上がってから気づいたのですが、クリアをもう一回吹くつもりだったのをすっかり忘れて、窓枠のステッカーを貼り始めてました…

模型作りも、todoリストとか作った方が良さそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »