« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

A210 (#11)

A210、ウィンドモール…結局こんな感じに。

001

フロントは0.8ミリ位(?)の針金で作成。微妙に三次曲線になっているようで合わせるのがが面倒でした。
1本で作ったのですがよりによっててっぺんに切れ目があります。今思えば、上下に分割すれば良かった…
Gクリアで接着して周囲を黒の細切りテープで覆ってみました。(太すぎたので修正します)
ガラスはペーパーを掛けてウネウネがちょっとはマシになりました。
サイドモールは洋白板の0.4ミリで作成。強引に曲げました。表面がガタガタになったので、ならして仮止め中。
ガラスは透明ブラバンで置き換えます。引き違いガラスなので裏からカッターでスジを入れておきました。
フロントとサイドでモールの質感が違いますが、なんとかカタチになったのでコレで良しとします。

ライトも組みました。レンズパーツを紛失したのでニチモのA310から持ってきましたが、サイズが若干大きくなって、レンズ周囲のメッキ部が見えなくなりました。
一度組んだ後でコレが気になって、円形にした洋白棒を被せてみたのですが、どうも不自然になって結局元のまま。こういうのが難しいなぁ。
それと、フォグのカバーの左右が判らなくなって、現物合わせで決めつけました…

002

ライト光りますo(^o^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

A210 (#10)

先週末が少し晴れ間が出たので、クリアを掛けました。

001

一応、ドライバーも出来上がったのでコレでシャーシは終わりかなぁ。

ボディはしばらく乾燥させて、少し研ぎ出しをしようかと思います。

またウィンドゥ周りのモールがもう少し何とかならないかと、工具入れにあった0.5ミリの針金で試し中です。
サイドは何とか出来そうな感じですが、フロントが難しい。カタチ合わせは出来たとして、どうやって接着すれば良いものやら…最後までモールに頭を悩ませそうです。

晴れ間を狙って、コレもサフを吹きました。

002

R8ゴルディーニ。

世界三大カッコいい箱車のひとつです。

大昔に作った事があるのですが行方不明。前はフレンチブルーで作ったので、今度はA210と同色のメタブル+ホワイトラインにしようかと思っています。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

A210 (#9)

ドライバー、取り付けました。

001

ハンドルのシャフトをランナーで継ぎ足してシャーシ側に接着しました。シートベルトは適当です。
ウェアはタミヤエナメルを混ぜてそれっぽい感じの色を筆塗り。デカールを貼ってフラットクリアを吹いて整えました。
ヘッドは塗装途中です。フジミのドライバーセットから旧車タイプを持ってきました。

002

ボディはデカールを貼って、様子見のクリアを掛けた状態。デカールはタミヤとニチモとウェーブから寄せ集めです。ついついゴチャゴチャ貼ってしまうので自粛…

ヒンジはメタルックを貼ってみたのですが上手くいかず…で、ジャンクのシルバーデカールを切り出して貼ってみました。ドアヒンジはボディ同色ようのですが、メリハリ出そうとこちらにも貼り付けました。キラキラしているより好みなので結果オーライです。

003

6月中に終わらせたいところですが、梅雨に入ると塗装が出来なくなるのが厄介ですね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

A210 (#8)

どうもクリア後の感じが気になったので、結局、ライトブルーメタリックを塗り直しました。

001

相変わらずのギラギラ感ですが、肉眼だと少し落ち着いた感じになったのでコレで諦めます。
ホワイトラインとゼッケンサークルは、白のシートを切り出して貼り付け。塗装よりシャープになりました。丸はサークルカッターで切ったので真ん中にコンパスの穴が開きますが、タッチアップでゴマカシてます。使ったのは京商から大昔発売されていたラジコンボディ用のシートですが、薄くて曲面にもなじんでくれて便利です。

ゼッケンナンバーは、5と4が準備されています。54にしたかったのですが、5を失敗。
位置合わせの際に裏側に入り込んで再起不能にりました。
手持ちのものに良さそうな字体も無く、同じ数字並びはバランス調整が難しいし避けたかったのですが、44にしました。

002

フロントのALPINEの文字も、位置合わせしていたらバラバラになって苦労しました…

やはりレーシングカー、ゼッケンが入ると俄然カッコ良く見えてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »