« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月25日 (月)

A210 (#7)

ドライバーを載せます。

001

タミヤのドライバーですが、何の問題もなく載ります。
シートベルトは資料を見ると三点式のようなので、人形側のモールドを削り落としました。頭部はとりあえず。

002

頭がギリギリ。少し調整がいりそうです。

週末、天気が良かったので、一回目のクリアも吹きました。

003

クリア→1500番ペーパー→タミヤ粗目と進めて、ゆず肌解消できるはずだったのですが、クリアでメタリックのゆず肌を閉じ込めたような何とも微妙な状態に…
いえ、考えれば、クリア吹く前に均しておかないとダメですよねぇ。後の祭りです…

色目的には自分の思った感じなんですが、ま、何事も経験という訳で、仕上げクリアで多少は変わることを祈りつつ、デカールにいきます。デカールはタミヤのA110モンテのモノを一部拝借する予定です。

それと掃除していたら、今頃になってドアガラスが出てきました。でも、せっかくブラバンで何枚も作ったことだし、ブラバンの方がクリアだし、ここは置き換えでいくことにします。
悩んでいたモールは、昔買ったラジコンボディ用の白いフレキシブルシートに、これまたボリカボディ用のサテンシルバーアルマイトを吹いて、メッキ調にしたものを細切りして貼り付けることにしました。ちょっと立体感が無いのですが、コレが限界ということで。
ちなみにこのサテンシルバーアルマイトは、ポリカ用なのでブラとかABSにはダメらしいですが、薄吹きで重ねるとキレイなクロームメッキ調になってくれます。乾燥すれば塗膜も強いので、ホイルなんかに便利で良く使います。

気分転換に、ちょっと遊んでみました。

004

カッコええー)^o^(

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

A210 (#6)

A210、色を塗りました。

001

タミヤからA110が出たときに一緒に発売された、アルピーヌブルーというヤツです。

もうかれこれ十数年前でしょうか。

当時、A110で使用した余りですが、ちょっと地味な感じだったので、下地にブリリアントブルーを吹いてみましたが、下地が上手くいかなくって超ゆず肌状態です。
おまけにギラギラでなんか違う気が…。クリヤー吹いたらマシになるかなぁ。

ゼッケンサークルは、サークルカッターでマスキングテープを切り出してみましたが、これが難しい…
て言うか、使った手芸用のサークルカッターだとこのサイズは小さすぎて無理なので、無理やりです。何度もやって一番マシなのを使いました。
リヤの方はどう見ても丸じゃないな…

素直に塗り分けをラインだけにして、サークルはデカールにすれば良かったかと思いつつ、使えることが判ったのは収穫。

サイドウィンドウは、透明ブラバンで作成。モールはクロームシルバーを吹いたミクロンテープを貼ってみましたが、表面がグダグダでもう少し考えます。

ホイルナットが例によって4個ともセンターズレで、パテ埋めして穴を開け直そうかと思いつつ、ラジコン用ナットに、1ミリナットがあったので流用してみましたが、かなりオーバースケールです。でもシャフトにちゃんとねじ込めるのがちょっと嬉しかったり。
色は、好みと黒の方がサイズが目立たないこともあって、フラットブラック。

色々と続くのですが、フト見ると更にイヤものが。

003_3

パテごと欠けてました。いったい何処にぶつけたのかさっぱり判りません。

色が入ったものの、個々の作業がなかなか上手く進まず、嫌々な感じになりそうですが、踏ん張って補修・デカールに進みたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

A210 (#5)

A210、G.W.でもう少し出来るかと思っていたのですがなかなか上手くいきません…
仮組みすると、フロントタイヤハウスから向こうが丸見えなので、衝立を入れました。
053
真ん中に一枚だけ…と、気持ちで足元にも。こんなモノでも無いよりずっとマシです。

エンジンルームの障壁も作って仮組み。
054
イロイロ悩んで、結局ボディ側に取り付けて、シャーシ側のパーツの下側をくぐらせることにしました。

ボディの方はお天気が良かったので、白にしました。131の残りのグランプリホワイトです。白ラインと、ゼッケンサークルをマスキングする予定です。ゼッケンサークルは、娘の手芸用サークルカッターで切り出すつもりですが、上手くいくかしら。

さて、実はこのキットを始めるときにパーツを眺めていて、ライトパーツのリフレクターが結構深いことを発見。コレってライト点灯できるんじゃんない?
という訳で、ジョーシンでムギ球を購入しておりました。
055
2個セットで120円です。子供の頃のヤツに比べてグッと洒落たカタチになっております。線の根元もしっかりカバーされており、ゴネゴネしているうちに線が切れて涙するようなこともなさそうです。黄色とか青色とかのカラバリもあります。

で、ライトを加工しました。取り返しの付かないことをやっている気がしつつ、もはや後戻りも出来ないので、1時間ほど掛かってこのようなモノに。
056
ボディへの取り付け用のポッチを切り取って、リフレクターの真ん中に穴を開けて、ムギ球の先端と繋げて、周囲から光漏れがないようにアルミテープで巻いておきます。
作業中にライトのレンズを1個紛失(-_-;)
ニチモのA310のキットから持ってきました。ちょっとサイズが大きいのですが、元々のパーツが小さいように感じていたので、良しということで。ちなみに補助灯も小さい気がします。
どうにか2個こさえて、試してみます。
057
おおっ、結構明るいo(^o^)o
これで24時間走れるってもんです。
でも、タイヤが干渉してステアが切れなくなることが判明…
24時間、真っ直ぐ走るしかなさそうです。
電池を入れるスペースは無いので、その辺りは追々考えるということで。

それと左サイドの窓パーツも紛失。コンパウンドで磨いて置いてあったハズなのですが、何処にもありません。
ほぼ平面なのでプラ版で置き換えできそうなのですが、片方だけ置き換えるわけにもいかないしなぁ。
元パーツは、引き違いのスライド窓なのですが、三角窓仕様にするしか無さそうです。

そんなこんなで一進一退ですが、今週末には青色にしたいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

A210 (#4)

G.W.中休み。

前半二日間は、衣替えをしつつ不用品を処分。(と言ってもするは私だけですが…)

合間に、A210を少し進めました。

リヤのアップライトです。
001

見事にセンターズレてます。

そうか、これで例の微妙なネガキャンが出るようになっているんだ。きっと。

で、仮組みしてみました。
002_4

ほぼ、垂直…┓(´_`)┏

で、一時間格闘。
003

左はアップライトの取り付け位置を調整。右はどうしてもダメで、結局シャフト曲げました。

いやぁ、楽しいです(^-^;

でも、ボディ被せるとタイヤカバーで良く判らないですね。004

マフラーです。
005

ゴムパーツなので取り付けは楽そうです。

なんとも男らしい直管マフラーですが、当然排気口なんてヤワなモノは開いていません。
006_2

呼吸困難に陥りそうなので、途中でカットしてアルミパイプで置き換えました。

次にエンジンの小物を少し。
007

ハンダ線とランナーの切れ端を加工。

リンクさせて頂いているGalleria Mのご当主Mr.Mさんのベータの記事を参考に、初めてハンダを使ってみましたが、これイイです。

合わせながら曲げられるので、微妙な調整も楽にできて助かりました。

ちなみに実車はこんな風になっているようです。008

適当にデッチあげます。
009

フィンネルパーツに成型時にブラが回っていなかったようで、ガタガタ。残念な状態です…

実車写真だとエンジンルームに障壁らしきモノもあるようなので、ブラバンでボディ側に作ることにしました。
010

少しは密度感が高まったかなぁ。

(マフラー長すぎました。カットします。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »