« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

131、クリア掛け

131、乗組員のベースを作りました。

どうしてやろう、と暫くシャーシを睨んで…

041_5

ジャンクにあった1/24RC用のボディポストを2本と、アンテナパイプを適当な長さで立てました。3本でバッテリーを囲む作戦です。

042

カットしたブラバンを被せて、ピンで留めて完成。めっちゃ簡単。。。構想・パーツ探し1時間、作業15分でした。でも高さ調整とかそれなりにやってはいるんです。カタチは追々詰めるとして、バッテリーも固定されるので大丈夫そうです。

ボディを被せて具合を見ます。

043

低すぎる感じですが、コレはフィギィアの方で調整できるので良しです。高すぎると厄介なのでひとまず良かった良かった。

044

ボディの方は、週末お天気が良かったのでクリア掛けをしました。

マークセッターと手で触ってベタベタなので石鹸でしっかり水洗い。タミヤの昔のデカールなので砂吹きを念入りに一日かけて作業しました。大きなトラブルは無かったのですが、乾燥後にボディ横の窪んだラインをツイツイ弄ってしまって、右側でパリッと嫌な音が…
微妙にひび割れしてます。左側は大丈夫なのでしっかり密着できてなかったようです。タッチアップします。全体的にまだ薄いので、軽くペーパーを掛けてもう一回クリアを吹くことにします。ていうかルーフのスポイラー忘れてるし…(^^;

045

とりあえず、デカールが剥がれる心配はなくなりました。

フロントマスクのABARTHの文字をどうするかなぁ。前に作ったときは適当に筆塗りでごまかしたけど、やっぱり、白サフ→頑張ってマスキング→黒が近道かなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

131、デカールまで完了

131、シャーシに乗組員を載せるべく考察中です。

041
とりあえず段ボールでサイズ確認しています。
どうせなので、バッテリー押さえにもなるようにします。ドライバーは前に131に載せようと上半身だけにしたのがあったので仮止めして確認。高さが不安でしたが、これならなんとかいけそうです。

段ボールと言えば、長女が「ダンボール戦機」とかいうプラモを買ってきまして、手伝わされています。バンダイのキットですが、コレがなかなか面白い。ランナーの途中で成型色が変わっていたり(コレは正直驚いた)、ニッパー不要で手できれいに切り取れたり、当然接着剤も不要です。値段もお手ごろ(1000円程度)。成型色もカラフルで、パッケージにそのまま組んだ作例写真が載ってたりします。
この手のプラモは全く組んだことが無いので、とりあえずフラットクリアで質感を整えるくらいしか出来そうにないんですけどねぇ。

あと、ボディはデカールを貼り終わりました。

042
043_2

やっぱり白がスケスケです。ボディ側面の窪んだライン部もうまく密着できなくってタッチアップしまくり…ミッドナイトブルーとブリリアントブルーを合わせて色あわせしたのですが、うまく出来なくって結構目立ってます。水色もコーラルブルーとか混ぜて作ってみましたが、ダメですねぇ。スペアデカールがあればもう少しマシにできたかも。
おまけに右側のイタリア国旗が行方不明になって、手持ちにあったストラトスのアリタリアデカールのジャンクから赤と緑を切り取ってゴマカシました。
切り取って水に浸していたはずなんだけどなぁ…

044

モチベーション上げるために、顔周りを仮組み。ちょっと遊んでみました。

こんなコトばかりしてるので、早くクリア掛けしないとアチコチ弄って剥がれてきてます…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

131、結局のところ

131、続けています。

気になっていたシャーシ横を切り取って幅を狭めました。やっぱりボディからシャーシがはみ出るのはねぇ…ノコギリで気長にギコギコで割と簡単に切れました。

038
切り取った後をやすりでフラットにして艶消し黒にして完了です。

で、ボディカラーなんですが結局モンテにすることに~(^^;

040
デカールが黄色に変色していたのですが、連休二日間いいお天気だったので日光浴をさせたら結構白く戻ったのでコレならいけそう、という訳です。ストライプは塗装するか悩んだのですが、せっかくなのでデカールにチャレンジしてみました。

タミヤの昔のデカールなので慎重に作業しましたが、良くなじんでくれます。デカールが薄いのでマークセッターは塗りすぎると溶けてきます。ボディサイドのくぼんだラインの辺りが溶けちゃったのでタッチアップしてます。それとニスをギリギリで切り取ると色が削れてしまうことがあって、ラインがガタガタになってしまいました…どうせクリアコートするので少し余裕を持って切り取った方がイイみたい。

ちなみに姿勢はキットとの比較でこんな感じです。

037
ほぼ、いい感じになりました。サイドもシャーシがボディと面一になって、まずまずスッキリしました。もう少しフロントタイヤが前かなぁ。

039
フロントスカートまで貼り付けました。(またあちこち溶かしてしまったけど…)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

131、続き…

突然ですが、131無事完成。

033
・・・じゃ、ありませんです。
シャーシが出来たのでバッテリーを充電して室内でテストで走らせてみると、フロントタイヤがボディに干渉しまくりました。
おそらくトレッドが広すぎなのでキットはどんな感じなのかと思い、確か大昔に作ったのがあるはずと探し出した次第です。二十年くらい前に作ったように思います。一応クリアコートしてあるようですがすっかりヒビ割れてます。でも腐ってもアリタリア、それなりに見えますね。
で、前輪をステアしてみると、さすがタミヤのモーターライズキットです。干渉せずにフルステアできました。こうして見るとフロントはフェンダーより結構内側なのね。
で、キットの姿勢をお手本に手直しします。
まず前輪の修正から。
034
ワッシャーだけでは、グラグラだったので、ジャンクから3ミリのプラスペーサーを接着。コレで回転がスムーズになりました。
問題のトレッド短縮ですが、フロントのプレートをプラ版で作ろうかと思ったのですが厚みで車高が下がりそうなので、ダメ元でプレートをひん曲げました。
035
中央で下に曲げて、両端で水平になるように曲げてます。もちろん目分量で適当。左右で、1.5ミリ程度狭くなった感じです。
並べて比較。
036
一応、干渉はしなくなったのですが、なんとなくキットの方が良い感じに見えます。(アリタリアのせいか?)
もう少し調整してみようかと思います。良く見るとホイルのメッキ質が違ってますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »