« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月12日 (月)

リジェ 出来上がり

ゴールデンウィーク中、専ら嫁さんと子供を言われるままに、あっちへこっちへと送り迎えをしてる間に時間が取れたので、リジェを進めました。

100均でマグネットを買ってきました。

016
小さいのと大きいのを購入しました。コレがかなり強力です。
取り付け方法を、アーでもないコーでもないとイロイロ悩んで結局、こんな感じに落ち着きました。

017
小さい方をジャンクのポストに、ストッパーで固定しました。外径が6ミリなのでちょうど1個だけあった6ミリのストッパーでポストと両止めしました。ネジを強くねじ込んで磁石を1個割ってしまいました…。結構柔らかいのね。

018
ボディ側は、大きい方を両面テープで貼り着け。

コレだけです。
リヤ側はオリジナルのボディキャッチを使うので、フロント側は上に外れなければ大丈夫です。ただ、1個だとボディを上に持ち上げると外れます。2個だとバッテリーを載せた状態でも大丈夫でしたが、ボディを外すのが結構難儀になったのと、そんなに走らすことも無いだろうという訳で1個にしました。
大小のペアだと、多少ズレてもくっついてくれますが、同じ大きさだと丁度の位置を保とうとするので位置あわせがシビアになりますね。大小買っておいて良かった。(久し振りに磁力について考えたなあ)。市販品もありますが、この作戦はいろいろと流用できそうです。

後、ボディの細かいところを進めてこんな感じに。
019

020
クリア→2000番→タミヤ粗め→ハセガワセラミックの順で処理しましたが、ステッカーの継ぎ目がグタグダに。触ってるうちにクリア層が割れてくるし…。とりあえず真ん中だけでもごまかそうと、elfマークを貼ってしまいました。フランスだし赤と青だし。
ウィングはメッキのまま。こんな広いメッキパーツをクリアコートする勇気がありません。。。

021
エンジン(?)は適当に筆塗り。こんなモノでもあると雰囲気が出ますね。

ここに来て、ウィング翼板とボディの色が違う気がして、美術部在席の娘に聞いてみたら、「違う」と。同じ白サフの下地なのに翼板の方がくすんだ感じです。どうもボディの方の重ねが足らなかったんだと思います。今さらですが翼板の色が良かったかなぁ。

022
横のパネルはフラットブラックにして、周りをアルミテープで覆ってみました。イマイチです。もう面倒なのでこれでイイです。ボディ下に、プラ版で作ったアンダーガードをキャッチ金具止めのネジで取り付けました。ラジコンなので腰高な感じだし、走らせたときにも保護になるかなと。
パネルラインは、0.5ミリのミクロンテープを押し込んでます。端から剥がれてくるのを防ぐために先端の方にエネメル黒を流し込んでおきました。

023

コレで出来上がり。現物はもう少し濃い色目です。

独特の雰囲気があってイイですねぇ。近いうちに走らせたいと思います。
(リヤ下がりなのは気のせいです。まぁ、ラジコンなので何とでもなるし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

リジェ シャーシ作成

リジェのシャーシを作成。

014

旧F1用のスピコン(ネジ穴付きのヤツです)があったので、結局スピコンにしました。
モーターは京商のルマンの480だったかな。カッコ良いので取り付けてみましたが、ゴムタイヤじゃまともに走らないなぁ。
一応、フルベアリングです。サーボセーバーもCSモデル用でレーシーな雰囲気でしょ。

015

ジャック・ラフィー登場。
メタリックグリーンなんてあったかなぁ、と探したらありました。何とかギリギリ残ってる缶スプレーがありました。吹いてみたら結構キレイな色だったりして。しかし、メタグリなんて何に使ったんだろう…カウンタックとか似合うかも。ちょっと試してみたくなりました。
ヘルメットの風防はパス。
手袋にレーシングホワイトを吹いて、ジャケットをブリリアントブルーにして、ブラックを筆塗り。上からフラットクリアを吹いたら何となくきれいになりました。初めて試しましたが、グロスが使えるので楽です。
ボディはクリアを吹いて乾燥中ですが、なんだか埃だらけ…
ボディの取り付けにマグネットを使う作戦を考え中です。とりあえず100均で買ってこようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »