« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

A110デカール貼り

A110のデカールを貼りました。
464

もう、なんとか無理やりここまでしたって感じです。
大物は大丈夫だったのですが、小さなモノはボディにのせた後位置あわせをしているうちにバラバラに。
前フェンダーの"Alpine ~"とか粉々になって死にそうでした。
後ろフェンダーの白黒のラインも合わなくって、結局ミシュランの下を切ってしまいました。ココからどうしたものか。
面倒がらずに塗装した方が良かった…
デカールはとても薄くってスケスケです。余裕があれば二枚貼りにした方が絶対イイです。

まあ、でもこのカラーリングがなんとか貼れたので良かったです。
このボディ、ホントにスタイル良くって、こんな仕上がりでもタイヤを合わせてみるとカッコいいです。
なんて言うかタミヤとは別物って感じですね。
あと、シャーシを仮組みしてみたらリヤがどう頑張っても収まりません。
あちこち干渉してそうなところをバリバリと削ったのですがダメで、1ミリ位隙間が残ります。
プラ棒で隙間を埋めるしかなさそうです。

まだまだ色々ありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

ポルシェ936 on スーパースポーツ

A110の窓枠にメタルックを貼っています。

メタルックって無駄になるほうが圧倒的に多くなるのは私だけ?
それに前と後ろのウィンドウがボディの外から接着なので、結局窓枠はどうすればよいのやら…
細かい作業で失敗ばかりで嫌になってきたのでなんか無いかと思ったのですが、リジェはステッカーが無いのでウィング翼板作るぐらいだし、下地処理はやりたくない。
で、先日ヤフオクでボディを処分してしまったスーパースポーツのシャーシを引っ張り出しました。
スーポースポーツって初めて買ったラジコンなんですよね。
458
~最高速、ゼロヨンとも最速~って今見ると良く判んないですが、当時は真剣に見てましたから。
ボディがカウンタック、ストラトス、カレラRSRの三種類でしたが、迷わずストラトスを買いました。
ちなみに弟がリトルスポーツのパンテーラを買ってました。
(このパンテーラの造形がなんとも言えませんな)
リトルスポーツの方が高いやん?!アンプ付きだからですね。
934、935と同時代ですが、スポンジタイヤで、モーター位置がミッドシップで、クリアボディで、前と後ろにサスらしい機構も付いていて、と先進的な内容でよく走りました。
ギヤのピッチがタミヤと違っていて、タミヤのピニオンを買って使えなかった悲しい思い出があるなあ。
この後、京商のマッハスポーツ→レーザースポーツ→ソニックスポーツだったかな…と、スポーツシリーズが続く訳です。そう言えばラリースポーツってのもありました。
ヤフオクにもたまに出ますが、人気あるのはソニックくらい(2モーターの変態車だし)で、他のはお安く入手できるのである意味遊べるシャーシかも知れません。

さて、タミヤの936ボディを載せてみて手直ししないとダメないのは、、、
①ホイルベースが合わない。スーパースポーツは、190ミリと200ミリの2段階だが936を載せるには205ミリ位にしたい。
②スピコンが干渉して載らない。スピコンがモーターの丁度真上にあり936のボディラインの下がり始めた位置にきて干渉する。
③ボディの止め方をどうしたものか。ボディに穴は開けたくない。
こんなところでしょうか。
トレッドは前後とも大丈夫そうです。
で、力ワザで①、②の作業終了。
459
①…シャーシに穴を開けてフロントサスを6ミリほど前に取り付け。とても簡単です。
②…シャーシに穴を開けてスピコンをギリギリまで前に取り付け。やっぱり簡単です。
受信機はスピコンの下に寝かせて入れました。コレでボディと干渉しなくなりました。
③はイロイロ悩んで結局こんな感じに。
460
リヤはシャーシ側の元々のボディキャッチ部品が付く穴を流用。ボディ側の取り付けパーツのネジ穴にピアノ線を通すだけ。場所がピッタリだったんですよ。
ボディを広げて取り外しします。
461
フロントはトリップメイトのボディ取り付けパーツを流用。こんなので持つのかと思いましたが結構しっかりしているのでコレで良しとします。
あと、バンパーが合わないので2ミリのプラ版で作成。
462

なんとか載りました。
463
936にありそうで無かったオレンジ鹿カラーにします。

見ている内に、なんちゃって78仕様を妄想…
ウィング切って、横にエアダクト開けて、前のスカートの返りを無くして…
うーん、無理かぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

A110のドライバー氏

G.W.はお天気も良くって塗装日和だったのですが、こんなタイミングに合わせて下地処理を予め何台かしておけば効率上がるんだけど、って時すでに遅し。
とりあえずA110を見切りで色を付けます。
そのA110ですがシートを見てふとドライバー氏を載せようと思って、タミヤのA442B付属のドライバー氏を合わせてみました。

453
脚を少し削ればいけそうです。
ラリー車なのでパッセンジャー氏も、という訳でもう一人カプリGR5付属のドライバー氏に登場してもらうと…

454
成型色が黒なので判り辛いのですが、大きさが微妙に違ってカプリ氏の方が大柄です。
えぇ~?!

最近作ったルノー5ターボからも登場願い3人を並べてみました。
455
左から、5ターボ、カプリ、A442Bです。

5ターボとA442Bだと大人と中学生みたいな。人種による違いでしょうか。いやどちらもフランス人のはずでは。。。
面白いですねぇ。散々作ってきたのに気に留めたことなかったので初めて知りました。   
そう言えば、タミヤのスロットカーのドライバー氏も何代かあって表情が違うとか聞いたことあるなぁ。
ラジコンのドライバーも934のと936と大きさ違うし。

456
結局、BMW320iのドライバー氏が同じ大きさでした。

それとタイヤのバリが酷いのとカドが強すぎる感じなのでゴリゴリと削って成型しました。
457
左が削り前、右が後。少しはマシになったかな。ホイルがギラギラし過ぎ…
G.W.中のプラモはこれだけでした。

A110の塗装が出来たので良かったです。さて、デカールが貼れるかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »