« シャーシ作成 | トップページ | ボディ作成 »

2012年9月 5日 (水)

シャーシ作成の続き

週末に少し進めました。

やはりモーターをリヤエンドにします。この方がカウンタック系のシャーシと同じなので諸々の位置合わせが楽だし。

で、新しいシャーシ板を使って、適当に採寸して穴あけ。フロントとメカプレートを組み付けてサーボを載せてみました。

401

メカプレート、磨いているうちにサーボ取り付けステーの根元を折ってしまいました…金属疲労していたようです。
5ミリのプラ棒で補強しています。

試しに936のボディを被せてみたら悪い予感。。。
ドライバー部分がサーボからのロッドとしっかり干渉しました。

うむむむ、どうしようか。
今さら、変えたくないのでロッドを曲げて逃げることにします。
402

ここの調節が一番難しかった…

受信機とアンプも載せて、バンパーもボロですが黒バンパーがあったので付けてみました。
403

サーボホーン側のロッドはクランク加工が下手なので、L字に曲げて穴に通してポリキャップで止めてます。
これで干渉も無く舵角も充分できれいに動いてくれました。
見た目もカッコいいし動きが楽しいです。

横からだとこんな感じです。
404

これでもカウンタックではドライバーが干渉して載せることが出来ません。
もう少しいじればいけそうなんですが、とりあえず936が載ればイイのでこの辺で良しとします。

この古いモーター、変な音してるので変えた方が良さそうです。

|

« シャーシ作成 | トップページ | ボディ作成 »

RC ポルシェ936」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526484/55583524

この記事へのトラックバック一覧です: シャーシ作成の続き:

« シャーシ作成 | トップページ | ボディ作成 »