« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

シャーシ作成

936を載せるべくシャーシを作ります。

まずは「板」です。FRPの板も手持ちが無いしジュラ板を加工する気持ちになれないし…

で、ゴソゴソと探して見つけたのがコレです。
398

正体不明のシャーシ用板。キャピタルモデルとか書いてあるのでおそらくは934用ではないか、と。
サスペンション付きって、この切り込みのことなんだろうなあ。
何故か3枚ありました。

とりあえず失敗してもイイので使ってみます。

フロントユニットとギヤケースは、タミヤの物(カウンタック用)を再利用です。
ギヤケースのネジ穴位置が不思議とピッタリでした!

とりあえずバーッと作業してこんな感じになりました。
399

メカがサンワの旧式アンプしか無いので、フツーに載せてみると電池ボックスを置く場所が空いちゃって何となく面白くないんですね。

色々考えて、こんなのでいくことにします。
400

サーボセイバーを取り付けて、サーボをメカプレートに配置、ロッドで繋ぎました。

なんていうか、この配置って当時に憧れた記憶があるんですよね~
エンジンカーがそうだったし、アオヤギとかトドロキとかもそうでした。横堀模型もかな。

シャーシが1ミリのペラペラなので、安定性を考えると良くないのですが動きの楽しさ優先でいきたいと思います。

モーターはリヤ置きの方がイイかな。もう少し悩みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

ポルシェ936

少し前になりますが、池袋の東武でやっていたタミヤモデギャラに行ってきました。

ちょうど仕事で東京にいたのですが、1時間弱しか居れなかったのでとりあえず限定販売とジャンク市を物色。

欲しかったのはポルシェ936のスペアボディです。

392

一応、一人一個と書いてあったのですが、そ知らぬ振りして2個レジへ持って行ったら特にお咎めも無く購入できました。最終日の午後に行ったのですがまだ結構残っていたし。

RC用では、セリカターボとリジェJS9のスペアボディもありましたが、セリカは箱入りを持っているので見送り。
リジェは買おうかと思ったのですが、ジタンのステッカーがオミットされているのと例によってウィングステーを自作するのが面倒で、こちらもパス。
カウンタックも無かったし、ロータスかウィリアムズFW07なら絶対買うんだけど。

結局買ったのは、、、
397

ジャンク市でZのクリアボディ。プラパーツもステッカーも無しですが何とかなるかなと思って買っておきました。
他は時間が無くって残念ながらコレだけです。
そう言えば131アバルトのデカールがあったのを買えばよかった。

さて、ポルシェ936です。
当時はカウンタックの陰に隠れて不人気であったと記憶しています。
タイヤは934と同じモノだったし、CS版も出なかったし。。。

それがヤフオクでかなりの高額アイテムになっていたので、限定販売の案内を見てちょっとビックリでした。
とりあえずコレは買っておかないとね。

ウチにある箱入りと違いを比べてみます。
393

ちなみに箱サイドには当時の子どもたちにも判るように素敵な実車説明が載っております。
394
この頃はパクトラだったんですね…
お値段は2500円です。

大きな違いはステッカーです。
395

手前がオリジナル、奥が再販です。
当然、再販の方がツヤツヤで貼りやすそうです。オリジナルは透明部はツヤ有で文字部分のツヤが無いタイプです。オリジナルも最初の方はデカールタイプでした。走らせることを考えるとステッカーの方がいいに決まってますが、ステッカーはフロントフェンダー上ののインテーク部分に貼るのが厄介。展示車両があったので観察しましたが、やり過ごされていた感じでしたね。カルトグラフでデカール出してくれないかな。
マルティーニカラーが再販の方がかなり明るいです。
ちょっと面倒なのが、DUNLOPとSHELLがオミットされています。
SHELLは、タムギヤの934のときはあったはずなのに…ジャンクになかったらパソコンで作るしかありません。

もう一箇所がメッキパーツ。
396

オリジナルではライトポッド関係のランナーがメッキになっていました。
コレは塗装すればイイので問題なしです。

当然、キャッチ金具は付いていません。
パーツ構成は全て同じなので、キャッチ金具取り付け用のステー部品も入っています。

箱入りと合わせて3台(ジャンクを入れると4台だ)あるので心置きなく作れそうです。
ちょっと勇気がいりますが、ウィングを改造してなんちゃって936/78とかも作ってもイイかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »