« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月22日 (木)

トライアル12改A110試走

久方ぶりになりました。
トライアル12改A110を試走してみました。
まだボディは全然完成していませんが、作ったはいいが走らなかったらイヤだし。

とりあえず近くの駐車場のアスファルト面で、まずは真っ直ぐ走ってくれるか、です。

352
いい加減な作り方ですが、やっぱりA110、カッコいいです。

このクルマ、私の中ではベストデザインです。
初めてA110を知ったのは、バンダイの1/20のプラモだったと思います。
それまでのスーパーカー達とは全く違う雰囲気の小さな丸い姿に目から鱗でした。
ブルーのボディカラーも新鮮でしたね。
1/20のプラモをタムテックに載せて一瞬でバラバラになった悲しい記憶があります。

昔のルノーって何故か良いですね。(アルピーヌは別物ですが…)
ウチの在庫にもA110、A210、R8、A310、V6TURBO、A442B、サンクターボ…
いつか作って並べるべく保管しております。
そう言えば、A442Bの1/12のトイラジも持ってるんですが、コイツを1/12の自作シャーシに載せてみたいなあ。

さて、トライアル12改ですが、恐る恐るスロットルを上げてみると。。。

ウィーンと大きめのギヤ音を奏でながら、スーッと真っ直ぐ走っていきます。
ハイギヤなのでトップスピードもまあまあです。
ノンデフですが、カーブもきれいに曲がってくれるし。
えーっ、トライアル12ってこんなに素直に走ったっけ!?
予想外の挙動にビックリでした。
ただ、やはりスピコンの動きが怪しく、トップスピードで突然止まったりします。接触不良でしょう。
5分程度走らせて感触が掴めたので、アスファルトに砂だらけのグラベルみたいな場所へ移動。

353

ウィーンと唸りながら、砂煙を上げて走っていきます。
ココでも実に素直に真っ直ぐ走ります。
砂地面でカーブさせて、スピン前にカウンターを当ててフルスロットルへ、というようなコトまで出来ました。
バギーチャンプなんてココでは全く曲がらなかったしなあ。
10分程走らせて、石に乗り上げて1回横転してしまいましたが、コイツはもしかしてウチにあるラジコンで一番走らせ易いかも。
ダンパーも無いし、フロントステアもグラグラなのですが不思議なもんです。
もっとダメダメだと思っていたので拍子抜けな感じでした。

走行後の症状は、予想通りのリヤタイヤの緩みとベベルギヤの緩み、でした。あとスピコンの挙動ですね。

良く走ってくれたのでボディを仕上げてやらないと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »