« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

312T3完成&試走行

チャンプ組み立てに追われて放置状態でしたが、この連休で312T3を何とかすべく組み立てしました。

色々考えていたメカプレートは結局オリジナルでいくことに。なんのこっちゃって感じですが、チャンプでこさえたラクダバッテリーが使えるのでいいかな、と。

オリジナルならメカをサクッのせて完了です。スピコンがF2用しか無かったのでアルミ板でステーを作って搭載しました。

モーターはジャンクから程度の良さそうな38を見繕って搭載。

あと悩んでいたボディの固定は、フロントにピアノ線で作ったフックをネジ止めしました。

255 このフックをフロントウィングの下に差し込んで固定します。

フロントバンパーの取り付け位置を5ミリほど後ろに下げています。

256 全体がこんな感じです。

バンパー位置はキットのままだとボディとの間に隙間が空きます。それはそれでOKなんですが、気になるので後ろに下げました。

リヤはピン止めで、これでしっかり固定されました。フロントに開けてしまった穴はホイヤーのステッカーを貼り直してマスクしました。

シャーシを裏返さなくてもボディの着脱が出来るので、これで一応満足です。

出来上がるとカッコいいですね~。実はスペアボディがもう一枚あるのでビルヌープも作りたいのですが、ヘルメットの塗装がビルヌープだとこの10倍は大変そうです…

で、早速試走行です。257

凄く走らせやすいです!

ピタッと真っ直ぐ走るし、ハンドリングも思ったとおりに素直に反応するし。

ホイルベースが長いので余裕のある走りっぷりです。

シャーシもタイヤも380モーターでちょうど良いバランスなんでしょうね…のんびりと15分程度楽しみました。旧F1ってこんなに走らせやすかったの?

って、ここから手を加えていくと、いつの間にか真っ直ぐ走らないクルマになるんですよね…

もう大人ですから余計なことはしないで、のんびり走らせ用にしておきます。

258 ピニンファリーナのこの独特のフォルム、素晴らしい。

さて、312T3の組説ですが…259_3

表紙開いて1ページ目です。

例によってタミヤ渾身の内容で、30年前にこのドキュメントを作っていた事にホント感心します。

実車紹介もロータスが8勝した78年に、5勝を挙げたフェラーリの活躍振りを判りやすい文章で書いてあり、つくづく感心します。F1って何?状態だった時代に何度も読み返した記憶が戻ってきました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

チャンプ本領発揮!?

連休後半に時間が取れたので、チャンプを走らすべく空き地へ。

ココは、草地&砂利地で高速バギーにはちょっとキツイんですが、遠出するのも何なので早速ゴーです。

247 いやー、楽しいです~。

リヤタイヤが適度に滑るので心配していた横転は無し。

サスが良く動くので見ていて楽しいです~。253

・・・・・・・これはちょっと無理。

248 草地を走らせたらこんな風になりました。

そうです、昨日は一日雨でした…

やややっ。あんなところに!

249 いっちゃいました。

チャンプ本領発揮!ですよ~

250  251

うひぉ~、面白~い!

もう、水溜りばかり狙って走らせてます。

254 ふうっ~。

バッテリー2本分でこんな姿になりました。

メカボックスに少し水が入りましたが問題無し。

ギヤケースとモーターカバー内にも水滴がありました。

メンテはざっと水洗いして(こんなこと出来るのもチャンプだけですね)、メカボックスとタイヤを外してクリーニングだけ。

ギヤとモーターカバーは、外すの面倒だし水滴も少量なのでそのまま乾燥を待つことにしました。

メカボックスは、モーターコードの取り出し口から入るようなので、この部分をコートすれば大丈夫そうです。モーターカバーもコード口ですね。

ギヤカバーはグリスでも塗っておけばOKかな。ここにシリコンを使うのは嫌だし。

って、すっかり防水対策を考えてしまう位、水遊び面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

チャンプ試走

サーボのネジ止め改造後、早速近くの空き地に持ち込みました。

241 まずは、6ボルトで走らせてみます。

242 6ボルトだとノンビリですが、やっぱりチャンプ、走るとカッコいいです~

20分くらいユルユルと楽しめました。

続いてバッテリーを7.2ボルトに交換。

243 やる気満々の後姿ですよ~

ギュィーンッッ!おぉっ、速っ。

244 ・・・・・・・・・

245 (T_T)

ステアリング切った瞬間に、しっかりひっくり返りました…

ほとんど舗装地だしなあ。予想通りの挙動と言えばそうなんですが。

246

チャンプユーザーの90%が経験している(はず)のルーフ破損を早くも経験してしまいました。

走らすために作ったので、このまま走行。約15分ほど走らせました。

その後も懲りずに3回転倒しましたが、もっとラフな地面ならいけそうですよ。リヤのサスも良く動いてくれますし。

現役の走行用としてバリバリ走らせたいと思います。

それにしてもデフ欲しいなあ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

バッテリー&ちょっこっと改造

最大の懸案でありましたラクダバッテリーを作ります。

作り方は、KOBAKOさんのサイトに詳しくありますので、参考にストレートバッテリーを分解。

http://sohmioaa.blog.shinobi.jp/Category/7/

お手本のようにキレイに出来ないので、オリジナルのラクダをバラしてケースに収めることにしました。

233 ケーブルが出ているところがナニですが。。。

セルの配置および、半田付けのマズさでケースに上手く収まらなくなり外出しにしました。このケースってバラすのが大変。

調子にのって6ボルトも作ってみました。

234 上が元々入っていたセルです。恐ろしい状態…

6ボルトの方は何とか収まったので蓋をして周りをテープで止めて完了。

どちらも無事充電できました。

さて、次にステアリングサーボの取り付けをネジ止めにしてみます。

両面テープを剥がしてサーボを外します。ジャンクからサーボステイを見繕ってサーボにネジ止めしました。

235 メカボックスに現物合わせで位置決めして3ミリのネジ穴を開けます。

236 こんな感じです。

サーボステイをネジ止めして完成。

裏から見るとこうなります。

237238 前方にサーボ取り付けガイドがあるので、前側のステイはL字で無いものを使います。

簡単でサーボの固定も確実になるのでこれはオススメかも。再販キットだとこんな事も気楽に出来ますね~。

ボディもひとまず終わらせました。ルーフのライトのステッカーは付属の物を貼りました。結構デザイン良いと思います。

239 バッテリーも出来たのでいつでもGO!です。

240 この後、空き地で走らせて…(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

チャンプのボディ、ひとまず…

チャンプのボディですが、ひとまずココまで来ました。

228 デカールは新旧入り混じりですが、旧は10年以上前に入手した水張りデカールです。

その当時にワーオフのレストアに使った記憶があるのですが、クリアコートしたらボロボロになりました…(クリアの吹き方が下手だったと思います)

で、そのときの残りです。とりあえずPCにスキャンしたのですが、サイズ合わせて印刷するのも面倒なので水張りを使いました。

水張りで貼って、乾燥後に荷造り用の透明テープを上から貼って保護する作戦を採用。

透明テープをステッカー台紙の余りに貼って、デカール自体より少し(1~2ミリ)だけ大きなサイズに切り出します。

そいつをボディのデカールの上からにペタリ。

テープが非常に薄いので一体感もありますし、ツヤも私的にはRCなら充分なレベルです。結構いけます。

ただ、デカール自体が裏透けするので発色は良くないですね~。

ボディサイドにのフロント側にエルフとか貼ってみましたが、うーむ、イマイチです。(-_-;)

も少し考えよう。

ライトポッドはボディ同色でフレンチブルーにしました。

229_2

カラフルな感じになりますね。

でも、ライトに貼るデカールが二枚しか無い…

ボンネットの黒い部分はステッカーですが、マットブラックを吹いてつや消しにしてからペタリ。楽チンです。

ここでフロントタイヤの遊びが異様に大きいのでバラしてみると…

(ノ-_-)ノ ~┻━┻

230 折れてます・・・・・・・

って、こんなパーツあるのか?!

231

ありました。(;^_^A

サーボセイバーをジャンクパーツから発掘。

パーツ取りして事なきを得ましたが、一回も走ってないのにこんな所が折れるなんて。

元々ヤワなサーボセイバーですが折れた経験は無かったなあ。材質とか変わっているんでしょうか。

今週末にはシェイクダウンしたいのですが、こんなので間に合うのか?

232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »