« チャンプ本領発揮!? | トップページ | KAWADAトリップメイトM24 »

2009年9月28日 (月)

312T3完成&試走行

チャンプ組み立てに追われて放置状態でしたが、この連休で312T3を何とかすべく組み立てしました。

色々考えていたメカプレートは結局オリジナルでいくことに。なんのこっちゃって感じですが、チャンプでこさえたラクダバッテリーが使えるのでいいかな、と。

オリジナルならメカをサクッのせて完了です。スピコンがF2用しか無かったのでアルミ板でステーを作って搭載しました。

モーターはジャンクから程度の良さそうな38を見繕って搭載。

あと悩んでいたボディの固定は、フロントにピアノ線で作ったフックをネジ止めしました。

255 このフックをフロントウィングの下に差し込んで固定します。

フロントバンパーの取り付け位置を5ミリほど後ろに下げています。

256 全体がこんな感じです。

バンパー位置はキットのままだとボディとの間に隙間が空きます。それはそれでOKなんですが、気になるので後ろに下げました。

リヤはピン止めで、これでしっかり固定されました。フロントに開けてしまった穴はホイヤーのステッカーを貼り直してマスクしました。

シャーシを裏返さなくてもボディの着脱が出来るので、これで一応満足です。

出来上がるとカッコいいですね~。実はスペアボディがもう一枚あるのでビルヌープも作りたいのですが、ヘルメットの塗装がビルヌープだとこの10倍は大変そうです…

で、早速試走行です。257

凄く走らせやすいです!

ピタッと真っ直ぐ走るし、ハンドリングも思ったとおりに素直に反応するし。

ホイルベースが長いので余裕のある走りっぷりです。

シャーシもタイヤも380モーターでちょうど良いバランスなんでしょうね…のんびりと15分程度楽しみました。旧F1ってこんなに走らせやすかったの?

って、ここから手を加えていくと、いつの間にか真っ直ぐ走らないクルマになるんですよね…

もう大人ですから余計なことはしないで、のんびり走らせ用にしておきます。

258 ピニンファリーナのこの独特のフォルム、素晴らしい。

さて、312T3の組説ですが…259_3

表紙開いて1ページ目です。

例によってタミヤ渾身の内容で、30年前にこのドキュメントを作っていた事にホント感心します。

実車紹介もロータスが8勝した78年に、5勝を挙げたフェラーリの活躍振りを判りやすい文章で書いてあり、つくづく感心します。F1って何?状態だった時代に何度も読み返した記憶が戻ってきました…

|

« チャンプ本領発揮!? | トップページ | KAWADAトリップメイトM24 »

RC フェラーリ312T3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526484/46339709

この記事へのトラックバック一覧です: 312T3完成&試走行:

« チャンプ本領発揮!? | トップページ | KAWADAトリップメイトM24 »