« ランチアラリーボディ入手 | トップページ | BMW3.5CSL走行 »

2009年5月25日 (月)

ボディ手直し中

ランチアラリーですが、結局ホイルアーチを手直しすることにしました。

今さらシャーシを買う気にもなれませんし、それにチャンプ用の資金も必要ですし。

で、小さな写真ですが実車はこんな感じです。

3625_3 おーっ、端整な佇まい。カッコいいですね~。リヤスポ無しも良いです。

手元のランチア本でも真横からの写真が見当たらず、色々探してみたんですが…

ついでに本を眺めていたら、ラリーの基礎になったベータモンテカルロも良いですね。

今までそんな風に思わなかったのですが、改めて感じました。

また、ベータモンテカルロが、フィアットX1/9の弟分にあたることも初めて知りました。(本を読めよって)

X1/9もスタイリッシュで良いですね。そう言えば子供の頃、エックスワン・キュウ・ダララって呼んでましたが、あのダラーラが設計に携わっていたようです。(ベータモンテカルロのGR5も!)この辺りはネットで調べると色々判って楽しいです~。

X1/9、確か京商の1/12のエンジンカーで出ていたはず。ボディだけでも欲しいです。

ヤフオクでもまず出ないだろうなぁ…

それから、バンダイからプラモが出てました。作りましたね~。バンダイのキットは貴重なので、こちらも入手は難しそうです。

(ところでバンダイのキットって、サンリオSF文庫みたいな気がするのは私だけでしょうか。。。マニアックな選択とすぐに消えてしまったところが…)

Mシャーシ用にこの手の車種のスペアボディ、出してくれないかしら。絶対需要があると思います!

さて肝心のランチアラリーのボディですが、まずは現行のホイルアーチを型紙にとって約5ミリほどずらして、新しいホイルアーチを書きました。

あとは見た目でバランスを取ってラインを手直しし、ドリルで切り取り穴を開けてからニッパーで切断。

140_2

いつも通り、かなりいい加減です。あとは、ヤスリでひたすらゴリゴリと削り倒しました。

これが結構楽しくって、ついつい削りすぎに…

シャーシに被せてみました。

141 細かい手直しは追々進めるとして、ひとまずこれで完了とします。

続いて塗装を剥がすことにします。

テッシュペーパーをボディにかけてシンナーをパシャパシャと注いでナイロン袋の中に数分入れておきます。

142 これまた、ひたすらゴシゴシと擦って剥がしていきます。

グレーのサフが出てきました。

シンナー臭でクラクラしてくるので余り進みません…

塗装剥がしの楽な方法ってどうすれば良いのでしょう…

気を取り直してシャーシに手をつけます。といってもボディ取り付け用ポストだけですが。

143

リヤはボディに付いていた純正のポストを切って、3ミリの穴を開けて取り付けました。

タミヤのシャーシなので幅が同じなのでバッチリです。

フロントはおそらくFF01純正のポストを付けてみると、これまたいい具合です。

もっと考えないとダメかと思っていたのですが、あっけなく完了。

144 少~しボディが前過ぎです。

(って削り過ぎか…)

腰高ですが、ラリ車だしこれ位が好みです。

ところで、タミヤカスタマにランチアラリーのボディ関係のパーツを問い合わせてみましたが、当然在庫無しで今後の予定もありません、との事でした。

ウィンドウとライトのジャンクは持っているのですが程度悪いし、テールランプが無いんですよね。

どちらかから外すことになりそうです…

145 考えてみるとランチアラリーのボディ、4台目でした。

|

« ランチアラリーボディ入手 | トップページ | BMW3.5CSL走行 »

RC FF01ランチアラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526484/45127065

この記事へのトラックバック一覧です: ボディ手直し中:

« ランチアラリーボディ入手 | トップページ | BMW3.5CSL走行 »