« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月27日 (水)

BMW3.5CSL走行

休日の合間、天気が良かったのでBMWを走らせてみました。

バッテリーは骨董品のタミヤ6Vです。一応、10分程度は持ちます。

スタンバイです。

146 独特の面構えですね。

そう言えば、正しくは「バイエルンの白い狼」のようです。

狼といえば、サーキットの狼では、コイツは悪玉でしたね、確か。

元の童遊舎のキットも箱絵がサーキットの狼だったなあ…

後ろ姿も独特です。

147 で、例によって恐々発進…

やややっ、真っ直ぐ走る!

ホイルベースが長いお陰か、20メートル程度ピッタリと走りました。

ステアリングの感覚も良い感じで、思ったとおりに曲がってくれます。

フロントタイヤが太く、グリップが良いようです。

380モーター+6Vでちょうど良いバランスです。

148 これは予想外で、これだけ実感のあるボディがスルスルと走ってくれると達成感あります。

このブログのトップの画像は、拾い物なのですが、やっぱりワークスカラーの3.5CSL、良いですね。

しかし、このカラーリングを塗装で再現する技術も根気も無いしなあ…。デカール貼るのも難しそうだし…

お隣のカプリも良いですね。確かAYKからボディが出ていたはずですが、まず入手できないでしょうね。

さて、気分良く走らせていたのですが最後に、駐車中のクルマの下に突っ込んでしまいタイヤに衝突。

バッテリーも少なかったので大事に至りませんでしたが、ドライバーが外れたのとボンネットサイドの黒いパーツが割れてしまいました。

うーむ、ホイラープロポは嫌いだ。149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

ボディ手直し中

ランチアラリーですが、結局ホイルアーチを手直しすることにしました。

今さらシャーシを買う気にもなれませんし、それにチャンプ用の資金も必要ですし。

で、小さな写真ですが実車はこんな感じです。

3625_3 おーっ、端整な佇まい。カッコいいですね~。リヤスポ無しも良いです。

手元のランチア本でも真横からの写真が見当たらず、色々探してみたんですが…

ついでに本を眺めていたら、ラリーの基礎になったベータモンテカルロも良いですね。

今までそんな風に思わなかったのですが、改めて感じました。

また、ベータモンテカルロが、フィアットX1/9の弟分にあたることも初めて知りました。(本を読めよって)

X1/9もスタイリッシュで良いですね。そう言えば子供の頃、エックスワン・キュウ・ダララって呼んでましたが、あのダラーラが設計に携わっていたようです。(ベータモンテカルロのGR5も!)この辺りはネットで調べると色々判って楽しいです~。

X1/9、確か京商の1/12のエンジンカーで出ていたはず。ボディだけでも欲しいです。

ヤフオクでもまず出ないだろうなぁ…

それから、バンダイからプラモが出てました。作りましたね~。バンダイのキットは貴重なので、こちらも入手は難しそうです。

(ところでバンダイのキットって、サンリオSF文庫みたいな気がするのは私だけでしょうか。。。マニアックな選択とすぐに消えてしまったところが…)

Mシャーシ用にこの手の車種のスペアボディ、出してくれないかしら。絶対需要があると思います!

さて肝心のランチアラリーのボディですが、まずは現行のホイルアーチを型紙にとって約5ミリほどずらして、新しいホイルアーチを書きました。

あとは見た目でバランスを取ってラインを手直しし、ドリルで切り取り穴を開けてからニッパーで切断。

140_2

いつも通り、かなりいい加減です。あとは、ヤスリでひたすらゴリゴリと削り倒しました。

これが結構楽しくって、ついつい削りすぎに…

シャーシに被せてみました。

141 細かい手直しは追々進めるとして、ひとまずこれで完了とします。

続いて塗装を剥がすことにします。

テッシュペーパーをボディにかけてシンナーをパシャパシャと注いでナイロン袋の中に数分入れておきます。

142 これまた、ひたすらゴシゴシと擦って剥がしていきます。

グレーのサフが出てきました。

シンナー臭でクラクラしてくるので余り進みません…

塗装剥がしの楽な方法ってどうすれば良いのでしょう…

気を取り直してシャーシに手をつけます。といってもボディ取り付け用ポストだけですが。

143

リヤはボディに付いていた純正のポストを切って、3ミリの穴を開けて取り付けました。

タミヤのシャーシなので幅が同じなのでバッチリです。

フロントはおそらくFF01純正のポストを付けてみると、これまたいい具合です。

もっと考えないとダメかと思っていたのですが、あっけなく完了。

144 少~しボディが前過ぎです。

(って削り過ぎか…)

腰高ですが、ラリ車だしこれ位が好みです。

ところで、タミヤカスタマにランチアラリーのボディ関係のパーツを問い合わせてみましたが、当然在庫無しで今後の予定もありません、との事でした。

ウィンドウとライトのジャンクは持っているのですが程度悪いし、テールランプが無いんですよね。

どちらかから外すことになりそうです…

145 考えてみるとランチアラリーのボディ、4台目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

ランチアラリーボディ入手

137_3 ヤフオクでランチアラリーのジャンクボディを買ってしまいました…

復刻版のホイルアーチ改修後のものです。

このキット、買いそびれたんですよね…今になって、つくづく後悔しております。

と言うのは、改修前ボディだけの再販のときに2台購入、手持ちのFF01シャーシに載せて自己満足しておりまして、キットで出たときには悔しくって買いませんでした。

たま~にヤフオクにキットが出ますがそれなりのお値段になっていますね。

で、ボディのジャンクを発見、とりあえず買っちゃいました。

状態はあまり良くありませんが、どっちみち塗装は剥がすので、まあ良しとして。

バックミラー・ワイパーのパーツが2ケ入っていまして、これはラッキーでした。

コックピットも貴重品かもしれません。(これは仕上げるのが面倒そう…)

我が家のFF01ランチアラリーと並べてみました。

138_2

シャーシはFFなので実車とは全く違いますが、ブロックタイヤで公園なんかでも良く走ってくれます。

FF01のリヤバルクを逆向けに取り付けてホイルベースを240ミリにして、少し車高を上げています。

ボディの固定は前後2点で支えています。

前はボディに開いている穴に合うようにポストを立てています。後ろはリヤウィンドウに穴を開けていますが、走行中にひび割れしてしまい、今はテープで補修。

試しにこのFF01に被せてみました。

139_2

ハイ、合いません。

ボディのホイルベース、短いです。

うーむ、ランチアの資料本を見ていると037のホイルベースは2440mmとあるんだけどなあ。

実車と見比べて、フロントノーズが長すぎるような感じもします。リヤも。TA03SWに合わせてディフォルメしているのでしょうか、ラジコンですし。

サイドウィンドウのピラーも無いんですね。これは実車もそのようです。ピラー有は市販タイプのようです。

シャーシをいじるのも面倒だし、どうしようかと思案中です…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

バギーチャンプ2009&ブラックポルシェ

タミヤオフィシャルサイトにホビーショーの写真が載りましたね。

133

フロントタイヤ出ました。バンパー、黒です!ダンパーヘッドが一体化されているようです。

やはりステッカーは無理だったようです…でも雰囲気は良い感じです。

 

134_2

メカボックスそのままです。透明度もあるし。しかし今のメカだと隙間だらけになるなぁ。

ここは、やはり2サーボ、スピコン仕様で組むべきか…(しまった、昨年に2段変速スイッチを処分してしまいました)

ヘナヘナのサーボセーバーもそのままのようです。

うーむ、やはり問題はステッカーか!?

135パッケージングも完璧ですね。

フルベアリングのようですが、デフはノンデフなんでしょうね、当然。

 

136

ブラックポルシェの【観賞用】ボディ。当然ですね、ディスプレイキットとまんま同じ。

やっぱり、コレを買う輩には問題無し!、という訳ですね~

ちょっとホイルが雰囲気違うかなぁ。

こちらもやはりステッカーは無理だったようで、ゴールドのPORSCHEだけみたいです…

 

さて、どちらも予約するしかないな、と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

BMW 3.5CSL

いやはや、バギーチャンプの再販は衝撃的でした。

私もレストア目指してチマチマとパーツを集めていましたが、結局断念。

ジャンクのボディやらタイヤやらをヤフオクで処分致しました。(昨年のお話です)

結構良いお値段になりまして、ラッキー!ってな感じだったのですが、この辺りの相場も変わってくるんでしょうかね…そう言えばフロッグの時もそんなコトがありましたね~。

オリジナルに拘る方もいる訳で、一概には言えないんでしょうが。

いずれにしても、934と併せて楽しみが増えたのは間違いありません。

さて、今度はBMW 3.5CSLです。当然、読み方はベーエムベーです。遥か昔に父親が「ベンベー」と言っていたのを思い出します。

126 まずシャーシですが、手作りグラス板に、タミヤの旧車パーツをくっつけた混ぜこぜ号です。

フロント部の止め位置を変えることで、ホイルベースが変わります。タミヤ旧車(カウンタック、セリカターボ系)用の204ミリと、BMWを載せる時の220ミリです。

127 元々、このギラギラホイルセットを入手したのが作成のキッカケでした。

オータキのBMWのスペアですが、ぴかぴかメッキでしっかり向こうが見えてカッコいい。

ハブ形状は、リヤがタミヤ旧車と同じ。フロントは、9ミリの六角ハブのようですがそんなモノあるわけない。いつも通り、950のベアリングで装着。

シャーシに合わせるとカッコ良くって、これは是非「バイエルンの白い鷹」(「狼」だったけな?)をのせたくなり、1/12のBMWプラモを物色。

童遊舎のキットを確か4000円程度で入手したはずです。タイヤもそのまま使えてお得でした。

以来、チマチマと作業を続けて、ほぼ一年が経過。完成形がこちらです。

128_2 って、どこが「バイエルンの白い豹」(いや「鯨」だったけ。もとい鯨は935か)やね~んっ。お隣はタミヤの320i(作り掛け…)です。

いえ、結構キレイでしょう。本人、気に入っております。

129_2  ボディの取り付けは、例によってボディポストを適当に。

ちょっと腰高ですね。でも実走行用なので、まあイイかな。オータキのオリジナルではバンパーの形状を工夫してありますね。

130 後姿も迫力満点です。

バックミラー、小さすぎないか。いずれタムギアの物と交換しよう。

131

934と並べて背比べ。

上がグループ2で、下がグループ4なんですよね、確か。

934、小さいです。

前から。両者とも独特のフロントマスク、なんとも言えませんね。

132 見ていて飽きません。BMW、やっぱり白も見たいなあ。

さてさて、まともに走るのか…

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

ブラックポルシェ934!?続き

124皆様、もうとっくにご存知と思います。

タミヤのHPにカラー写真が載っていました。

まだ販売モデルでは無いと思われますが、雰囲気バッチリですね~。カッコいいです!

バンパー、ウィンカーの造形やドアモールなど、この写真を見る限りはディスプレイキットそのままのようです。

ホイルもよく似てます。そう言えば、ウィンドウパーツはスモークになるのか!?

とことんこだわって欲しいですね~。

125 で、我が家の四郎君達です。

奥のコブラブルー車体は、シャーシはバンパー以外ほぼオリジナルですが、内臓が空なので走りません。

真ん中は、この前作ったスーパースポーツ+タムギア934ボディです。

手前はウサギ君仕様ですが、色はコーラルブルーでちょっと派手。最近ステッカーだけタムギアの物を使って張り替えました。中身は、935仕様で走行可です。

肝心の鹿さん仕様がありませんが、鹿さんは五郎君に取られてしまいました。

と言いつつ、先日タムギアのスペアボディ・イエガー仕様を買ってしまいまして、実はステッカー置いといて黒を吹くつもりだったんです。

いつもながら作業が遅くて良かった…

でも、やっぱり、934のオオトリは「ブラック」なんですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度はバギーチャンプ!?

ブラックポルシェが気になって洛西モデルさんのHPを見ていたら、

んんん!なんと、バギーチャンプ2009!が7月に販売予定とのこと。

説明文をコピーしてみました。

124 30年振りに復刻!!
伝説のレーシングバギー「バギーチャンプ」が完全復刻!!

電動RCバギーブームの立役者として1979年に登場したバギーチャンプが帰ってきました。補強用のジュラルミンプレートを装備した2㎜厚FRPのメインフレーム、ダイキャスト製サスアーム、クリヤーパーツのメカデッキなど、基本構成を変えずに、フロントアップライトの強化、オイルダンパーの構造変更、ESC対応などの改良を加えました。実感あふれるボディとダイナミックな走りは健、RCファンの心を熱くするモデルです。

シャーシ構成はオリジナルを忠実に再現。特徴的なフロント・ダブルトレーリングアーム、トーションバー式リヤサスペンションはそのままに、ギヤケース、リヤサスアーム、フロントアクスル、フロントサスアーム、ホイールハブは今回の復刻のためにダイキャスト型を新たに作り直しました。

★全長400㎜ ★フルベアリング仕様。
★パッケージは当時と同じブリパックタイプ。
★ボディは塗装がしやすいホワイトカラーのプラスチック製。
★専用LFバッテリーも同時発売。

ちなみにお値段は、35700円なり。洛西モデルさんでは、20500円になっていました。

うーむ。タムテックで出したので、もしやと思っていましたが…

ダンパーやギヤケース等々、新型になっているようです。バッテリーも新型の6Vタイプを出すようです。コイツは旧車につかえそうです。

ステッカーはどうなんでしょうね。

しかし、この路線がしっかりと確立されている気がして、複雑ですね~。

ええいっ、毒を食らわば骨まで。こうなったら、ワーオフもお願いします。

ワーオフはボディ金型が改修されたと聞いているので無理なのか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

こんなモノ走らせました。

119 「ブラット改めボディだけトライアル12」ですが、連休中に走行しました。

  ドライバー氏は、ジャンクから探した多分タミヤ旧F1のドライバーです。

 

123_3 正面から見るとなかなか可愛いヤツです。

黄緑色にしたら蛙そのものに見えそうです。

 

120_3 スロットルを上げると…ギュィーン!速い速い。

砂利の空き地なので、フロントが全然グリップしなくって曲がらない曲がらない。ドリフトしまくりです。

途中でアンテナパイプが外れてしまって、ボディに巻きつけてしまいました。

121_2 予想通り、前転1回、横転2回。

前転では空中で2回転してから、無事着地してそのまま走っていきました。

いや~、ホントに楽しいクルマです。

ボディはキズだらけだし、アンダーガードは飛んでいったけど致命傷は無しです。

フロッグ系シャーシは、組み立ての面白み・所有する喜び・走行の楽しさ、が高いレベルに達しているのが素晴らしいですね。

122

子供にも楽しくドライブできましたよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

ブラックポルシェ934!?

タミヤの新製品案内で発見です。

118 タムギアのブラックポルシェ!?

いやぁ。驚きです。タムギア10万台突破記念なんでしょうか。

商品説明をコピーしてみました。

ブラックポルシェ934

タミヤ初の電動RCカーとして、発売わずか1年で10万台を達成したポルシェ934。その記念として1977年末に限定販売されたブラック ポルシェが装いも新たに帰ってきました。シャーシはタムテックギアGT-01を採用。ボディは走行用のポリカーボネート製とディスプレイ用のインジェクション成形の2種類を用意。さらに、ブラックカラーの布製キャリーバッグもセットしました。
●RC限定
1/12RC PORSCHE 934 (84057)
★全長355mm。★モーターをリヤエンドに搭載した実車同様のGT-01シャーシを採用。★ボールデフ、スリッパークラッチを標準装備。★シリアルナンバープレート

ちなみにお値段は税込みで26,250円なり。

ディスプレイ用ボディってどうなっているんでしょうね~。

934のキットと同じモノなんでしょうか。とすると補強用のプラ版も入っているのか?

シャーシへの取り付けはどうしているんでしょう?

ボディだけ買えるのか?ステッカーは?

興味が尽きませんが、26000円ですかあ…

多分買うんでしょうね。

こうなったら順番に全部復刻して欲しいゾ。次は、936お願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »