« タイレルP34完成 | トップページ | アルピーヌA310その① »

2009年1月13日 (火)

タイレル試走行

054 三連休の真ん中、天気が良かったので近くのガレージでタイレルの試走行をすることに。

果たしてまっすぐ走ってくれますか…

恐々、ゆっくりとスロットルを上げていくと、おぉっ、まっすぐ走るじゃないか!?

055 540モーターダイレクトドライブだけあって、アスファルト地面に吸い付くようにギュィーンと走っていきます。380モーターばかり走らせていたので速い速い!

スピードを少し落として、右に軽くステアリングを切ると「クルッ」と一回転しました。簡単にスピンしてしまいます。

スロットルをぐぃと上げても同じように「クルッ」です。

少し走らせていると「クルッ」の要領が判ってきたので、スピンターンとかさせて遊んでいましたが、どう考えてもリアタイヤのグリップが良くないのは明白です。

そこで手持ちのスポンジタイヤに換装してみることにしました。

056 ホイルの色が何ですが、気にしないでください。

ギュィーン…おぉっスピンしないぞ。

しかし…まっ、曲がらん。リアのグリップが良くなって今度は全然曲がらないクルマになりました。

なんて判りやすい結果なんでしょう。おまけに、曲がらなくなると左右の舵角の違いが如実に出てコントロールが難しい。

そんなこんなですが、しばらく走らせていると全く曲がらなくなりました。

057_2 車体を見ると、左前のナックルアーム固定のネジが外れて消えていました。

四輪中の一個がダメになると曲がらなくなるのか。いや当たり前ですが。

いずれにしても前後ともにスポンジにしないと、まともには走らないことが良く判りました。それとも380モーターにパワーダウンするか。

そう言えば、当時持っていたCSシャーシとかもスピンしまくってました。こんなモノでレースしていたんですねぇ。

それでも15分ほど走らせましたが、懸案だったモーターマウントも大丈夫だったし、バッテリーの固定もズレも無く一応合格だったと思います。レースに出るわけでもないし。

6輪車の走行姿は抜群にカッコ良かったです。根強いファンが居るのも判る気がします。癖のある走りも魅力なんでしょうね。旧F1の走行姿も見てみたくなりました。

さて、タイヤと左右の舵角調整を何とかしないと…

|

« タイレルP34完成 | トップページ | アルピーヌA310その① »

RC タイレルP34」カテゴリの記事

コメント

う~ん、カッコいいですね。これは見る人が見たら感涙ものですね。

投稿: さけ | 2009年2月19日 (木) 09時15分

こんにちは。

ヤフオクで処分寸前だったんですが、出来上がったら楽しいクルマになりました。

やっぱり完成させることが大切ですね。

投稿: A110 | 2009年2月19日 (木) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526484/43727920

この記事へのトラックバック一覧です: タイレル試走行:

« タイレルP34完成 | トップページ | アルピーヌA310その① »